JICA カンボジャ 定年 シニア

2006年7月24日 (月)

あれから2年(8)

カンボジャシリーズの締めは、やはりアンコール・ワット遺跡。

アンコール・ワットは、カンボジャで唯一といえる観光の街、シェムリアップにある。

プノンペンからシェムリアップまでは飛行機で45分。カンボジャでただひとつの国内線。

アンコール・ワットは、クメール王国の全盛期、12世紀末から13世紀初頭にかけて

造営された巨大な建造物。

ジャングルの中には、まだ発見されていない遺跡があると言われている。

酸性雨のためか外壁の色が黒ずみ、傷みもかなり進んでいるとのことで、お金のない

カンボジャゆえ、大変心配である。

80087 80068 

80114 80082_1 

最後に、もう一度ポルポトの話を。

報告書が完成し、帰国の5日前、発つ前にどうしても行っておきたい場所があった。

トゥール・スレン博物館である。

1975年4月から79年1月まで3年9ヶ月に及んだポルポト政権下では全土で

無謀な共産主義化改革が強行された。

反革命分子とみなされた人たちは全国に多数作られた刑務所に送られ、拷問の末

虐殺された。

トゥール・スレン博物館は、当時、『S21(Security Office21)』と呼ばれた刑務所で、

ポル・ポト政権以前は高校の校舎だった。

トゥール・スレン刑務所には、約2万人が収容され、生還者はたった6人だったと

言われている。

現在は、ポル・ポト派の残虐な行為を後世に伝える博物館として、一般に公開されて

いる。

2ヶ月間のカンボジャ生活、定年退職後の仕事としてはタフな仕事であったが、本当に

たくさんの貴重な経験をし、多くの出会いがあった。

日本に生まれ育った幸せを痛感しながら過ごした2ヶ月間でもあった。

『あれから2年シリーズ』に長い間お付き合いいただきまして、ありがとうございました。

2006年7月23日 (日)

あれから2年(7)

街中や田舎の店を撮った写真で、カンボジャの人たちの生活ぶりを紹介。

左はプノンペンの中心街にあった一般的な店。右は田舎に行ったとき、道沿いで

見た店。

50162 40116 

下は、さしずめカンボジャ版コンビニ。

90056 60040 

店舗ではないが、メコン川で獲った魚を川沿いの道端に並べて売っているところを

何度か見た。

2006年7月21日 (金)

あれから2年(6)

6人で手分けして、政府機関・地方自治体・行政機関・企業・学校・商店・家庭を

ヒアリングして回った。プノンペンだけでなく5ヶ所の地方都市含め、訪問先は80ヶ所を

超えた

訪問した学校では、パソコンを勉強している学生(写真上)、ソフトウエアの開発を

行っている学生に出会った(写真下)。

Dsc00502_1 40175_1 

当然のことながら、パソコンの普及率は極めて低い。

パソコンを使いたい人のために安くはないがInternet Cafeが各街にいくつかあった。

    60021_1     Pic00061_1 

カンボジャでは、そもそも電気の普及率がまだまだ低い。

田舎に行くとほとんど通電していない。

そのため、電気を買って発電機に充電し使っている。

一般の家庭を訪ね、その状況を見せてもらった。

90111_2 401362_2 

滞在中は、カンボジャ情報通信開発庁の人たちと一緒に仕事をした。

情報通信開発庁はカンボジャ政府が進める

電子政府システム構築の推進役である。  100115_2 

滞在中に電子政府システムの一部である

土地・不動産および車輌登録の第1次

システムが完成し、オープニング

セレモニーがフンセン首相(写真中央)

列席のもと情報通信開発庁で行われた。

2006年7月18日 (火)

あれから2年(5)

カンボジャには市民の足となる交通機関がほとんどない。

首都のプノンペンですら、電車はおろかバスも走っていない。

富裕層は車またはバイク、一般の人たちの足はバイクタクシー。

運搬にはトラック。人がいっぱい乗ったトラックやさまざまなものを運ぶトラックを見た。

休みの日ブラブラ歩いた帰り、ホテルまでの道が遠かったので一度バイクタクシーに

乗った。バイクタクシーはいたるところにいて、乗らないかと声をかけてくる。

乗ったことをJICAの人に話したら、危険なので乗らないようにと言われた。

仕事には、JICAが用意してくれた運転手付きの車を2ヶ月間使った。

Pic00076 60042

Img_0284 101_0154

2006年7月17日 (月)

あれから2年(4)

しばらく中断したが、あと数回カンボジャの話を。

仕事が結構大変だったことは、『あれから2年(3)』で書いた。

そういう中、6人でカンボジャの休日を楽しんだ。

6人の中でカンボジャに詳しい仲間の案内で、プノンペン市内から車で40分くらいの

メコン川岸のカンボジャ人の保養地のようなところに行った。

ビールを飲みながらお昼を食べて、メコン川を見ながらハンモックに揺られ、全員

一日ゆっくり過ごした。

Img_0236 Img_0270

右の写真のような感じで、果物、野菜を  Img_0242

いろいろ売りにきた。         

ほとんどが子供で、買わなくても何度も

何度も同じカゴを頭にのせて売りにくる。

ひとつひとつは信じられないくらい安い。

カンボジャ人の若者グループも何組か

来ていた。 

 Img_0252 Img_0255   

2006年7月10日 (月)

あれから2年(3)

『アジアの中で最貧国であるカンボジャが、今後社会インフラを整備・構築してゆく上で、

情報通信技術をいかに活用していけばよいかを調査し2ヶ月間かけて提言を報告書に

まとめる』、これが6人のデレゲーションの役割であった。

日本側の窓口である総務省・JICA、それにカンボジャ政府、特に現地のパートナーで

あるカンボジャ情報通信開発庁の期待は大きかった。

期間はたった2ヶ月、容易な仕事ではなかった。

幸いチームリーダがJICA関連の海外支援・協力事業の経験が豊富でリーダシップの

取れる人であったため、彼を中心に全員で2ヶ月間頑張った。

何と言っても、先ずは現状を知る必要がある。

6人で手分けして、政府機関・地方自治体・行政機関・企業・学校・商店・家庭を

ヒアリングして回った。

JICAから政府機関に派遣されている多数のJICA専門家とも面談した。

プノンペンだけでなく、5ヶ所の地方都市も回った。

最終的に訪問した先は80ヶ所を超えた。

各自ヒアリングしたあとは情報通信開発庁が用意してくれた事務所に戻りレポートを

まとめ、6人で議論し、次の訪問先の準備をするという作業の繰り返しだった。

40日過ぎたあたりからどのように分担しどのようにまとめてゆくかの議論をはじめた。

最後の3週間は土曜・日曜も休むことなく、各自ホテルの部屋で缶詰め状態となり、

追い込み作業を行った。110148

まとめた報告書はパワーポイント

資料で202ページ。 

報告する日も決まった。

帰国の1週間前、場所はインター

コンチネンタルホテルのゲストルーム

プレゼンの相手は情報通信開発庁                         

長官のリーウッド氏(上の写真右中)    110001

リーウッド氏は大所高所からものを

見て判断できる立派な方だった。

長官とは何度かみんなで食事をした。

プレゼンに対しても、長官から色々

質問や指摘を受け、大変実のある

議論ができた。長官から『30分時間を

取るので、ソクアン副首相にもぜひ120105

説明して欲しい』と頼まれ、

帰国3日前、JICAの所長も同席し、

議員会館で副首相(写真右側)に 

説明を行った。

30分の予定が活発な質疑応答で、

結局1時間半かかった。                                                 

『大変良い提言をまとめていただいた。今後もぜひ継続して支援して欲しい』との

謝辞をいただいた。当日はテレビの取材も入った。     

すべてが終わり、10月29日にプノンペンを発って、バンコク経由で、30日朝成田に

着いた。

無事任務を終え、さわやかな気持ちで2ヶ月間寝食をともにした5人の仲間とお互い

の労をねぎらいながら別れた。

2006年7月 7日 (金)

あれから2年 (2)

2004年8月31日、プノンペンへの直行便がないため先ずバンコクへ向けて出発した。

バンコクで1泊し、9月1日昼前にプノンペンへ到着。

JICAの迎えの車でホテルへ直行。2ヶ月間のホテル生活がはじまった。

先ず、カンボジャについて。

インドシナ半島にあり、東のベトナム、西のタイにはさまれた人口約1300万人の国。

ほとんどの日本人は、アンコールワット遺跡以外、カンボジャについての知識は持ち

合わせていないことだろう。 現に私もそうであった。

カンボジャは、まさに開発途上国で、アセアン10ヶ国中、CLMV(カンボジャ、ラオス、

ミヤンマー、ベトナム)と呼ばれる第2群の国の中でも、カンボジャの国力は、ほぼ

最下位に位置する。

1/3以上の国民が1日1ドル以下で生活している。

インフラ整備は近隣国に比べ大幅に遅れている。

例えば道路舗装率は同じCLMVのラオスの半分で10%程度、水道整備率はラオスの

約1/3、安全な水にアクセスできる人の割合は15%程度。

日本はこれまでほとんどのインフラ整備を無償資金協力で行ってきた。

また人的支援もさまざまな形で行っている。

現地で活動している日本のNGO団体は30以上、また、滞在中JICAから派遣され、

カンボジャの政府機関で働いている多くの専門家やシニア海外ボランティアに会った。

カンボジャが何故ここまで国力が低位で疲弊しているかは、偏に20年あまり続いた

内戦のためである。

とりわけ1975年から3年8ヶ月間続いたポルポト時代にカンボジャはめちゃめちゃに

破壊されてしまった。

道路や橋の破壊は言うに及ばず、「人材の破壊」、「制度の破壊」が、カンボジャに

壊滅的な打撃を与え、その状態が今なお国全体に残っている。

「人材の破壊」ということでは3年8ヶ月の間にポルポト派により170万人の人たちが

殺されたり、強制労働させられ病死した。その大部分が技術者や知識人であった。

国を担う人材がほとんど破壊され、抹殺されてしまった。その後、十分な教育ができる

状況になく、新しく国を担う知識人や技術者が育成できていない。

「制度の破壊」ということでは、法律や社会制度がポルポトによりことごとく破壊されて

しまった。特に1975年以降、ポルポト派はプノンペン市民を町から追い出し強制的に

地方に追いやってしまったので、土地や家屋の所有権はまったく崩れ法律なども全部

機能を失い、いまだに民法すら整備されていない状況にある。

ポルポト支配は、たった30年前のことである。

2ヶ月間ずっと一緒に働いた情報通信開発庁の若い人たちと何度も一緒に食事を

した。酒が入ると、小さかったころ、家族がポルポト派の兵士たちからどれほど酷い

悪事を受けたを話してくれた。

若い彼らは国のエリートである。カンボジャを何とか自分たちの手で良くしていきたい

との気概を誰からもひしひしと感じた。

熱っぽく語る彼らの話を聞くたびにカンボジャの立ち直りを願わずにはいられなかった。

2006年7月 6日 (木)

あれから2年 (1)

6月18日のブログ、『2年前の今日は。。。』で、定年退職した日のことを書いた。

退職し10日くらい経ったころ会社から電話があった。

朝、厚生年金について問合せするため、社会保険事務所に行っていたときであった。

窓口でいろいろ説明を聞いていたとき携帯電話が鳴った。

海外事業を一緒にやっていた部長からだった。

『いま話せないので、あとからまたかけて』と、ひとまず電話を切った。

しばらくして電話はかかってきた。

『実はお願いがあって電話してます。唐突なお願いですが、2ヶ月間JICA(ジャイカ)の

仕事でカンボジャに行ってもらえないでしょうか』とのこと。

『退職してまだ10日だけど会社に行かなくていい快適さを満喫しながら毎日を過ごして

いるので、申し訳ないけどその気になれないなぁ。誰か社内の人を探して』と返事する。

断ったつもりなのに、その後何度か電話があった。

『予定していた者が急に病気になって、いろいろ当たったんですが、ほかに適当な人が

見つかりません。総務省・JICAへ仕掛けた手前、どうしても誰か行かねばならなく、

申し訳ないですが、よろしくお願いします』と口説かれて、カンボジャがどんな国かも

わからないまま、やむなくOKした。

決まったら話が早い。

詳細を説明したいのでということで会社に行った。

総務省・JICA(国際協力機構)プロジェクトであること、コンピュータメーカ3社から

6名が派遣されること、期間は2ヶ月間、立場はJICA技術協力専門家、勤務地は

カンボジャ首都プノンペン、勤務場所はカンボジャ情報通信開発庁、言葉は英語。

肝心の派遣目的は、『アジアの中で最貧国であるカンボジャが今後社会インフラを整備

構築してゆく上で、情報通信技術をいかに活用していけばよいかを調査し、2ヶ月間

かけて提言をまとめること』とのこと。

定年退職し、安穏な毎日に慣れはじめた者には、相当タフな仕事のようである。

しかし、引き受けた以上、もう後には引けない。

数日後、一緒に行く6人が集まり、顔合わせと意見交換の打ち合わせが行われた。

定年退職者は、私ひとり。

私ともう1人を除き4人はJICA関連の海外支援・協力事業を担務している人たちだった

6人は出発までに5~6回集まり、事前準備打ち合わせを行い、8月31日に出発した。

続きは、あれから2年 (2)以降で。

その他のカテゴリー

@motteco フリーペーパ 定年 | @motteco 定年 シニア | AIG リーマンブラザーズ | BMI 定期健診 定年 | e-ネットキャラバン | FIMAT 定年 | IKEA 定年 シニア | JFE 株主総会 定年 | JICA カンボジャ 定年 シニア | mixi | MOA美術館 冨嶽三十六景 | MOA美術館 定年 シニア | NetCommons | NHK生活ホットモーニング | NHK連続テレビ小説 定年 シニア | NPO シニア 定年  | NPOユニコムかつしか 定年 | SPASSO 観音崎京急ホテル 定年 | VIRON 東急Bunkamura  | WBC 熱海 | World Baseball Classic | 「降りてゆく生き方」 定年 | 『ALWAYS 続・三丁目の夕日 定年 | あしなが育英会 あしながレインボーハウス | いのちのミュージアム | おもちゃ 孫 | お中元 定年 シニア | お盆 定年 シニア | さまよう刃 | はやぶさ | ひきこもり | まいぷれ フューチャーリンクネットワーク 定年 | みずほ証券 敵対的買収 | もの忘れ | アイガー北壁 | アクティブSITA 定年 | アクティブシニア推進計画 マイクロソフト 定年 | アメリカ カールスバッド 定年 | インビクタス/負けざる者たち | イーエルダー キュリオステーション 定年 | ウェブログ・ココログ関連 | ウエッブ進化論 定年 | ウエッブ2.0 定年 シニア | オバマ大統領 | オランダ ベルギー | オランダ ベルギー パリ | カンボジャ ポル・ポト | カールスバッド 定年 | ガン | キュリオステーション 定年 シニア | キュリオステーション 新聞記事掲載 定年 | クリスマス イルミネーション | クリスマスイブ 定年 | クリスマスイルミネーション 定年 | クリスマスツリー 日記 | グッド・シェパード 定年 | グラン・トリノ | グーグル 定年 Google Earth | ゲゲゲの女房 | サザン ラストライブ  | サラリーマン川柳 | サードエイジ・フォーラム 孫 定年 シニア | シカゴマラソン 定年 シニア | シッコ SiCKO 定年 | シニアITアドバイザ 定年 | シニアSOHO三鷹 定年 | シニア IT | シングルマザー 社会常識 | ジャカランダ 定年 | ジューク 定年 シニア | ジョーク 定年 | ジョージワシントン 定年 | スカイプ 孫 | スタバ 定年 シニア | スパイウエア パソコン・インターネット | スポーツ | スーパー銭湯 定年 | セミナー講師 定年 シニア | ゾディアック 定年 | タウンミーティング 定年 シニア | チェンジリング  | テニス 北海道旅行 | テニスクラブ 定年 | テラスハウス 建て替え 定年 | ニュージーランド 定年 | ニュース | ニューヨーク | ハワイ JAIMS | ハワイ ラニカイ カイルア 定年 | ハワイ 定年 シニア | ハワイ島 定年 | ハンニバル ライジング 定年 | バベル 菊池凛子 定年 | パスワード 定年 シニア | パソコン インターネット パソコン教室 | パソコン・インターネット | パソコン教室 ポスティング 定年 | ヒジ痛 テニスエルボー 定年 シニア | ヒルトン グランドバケーション・クラブ 定年 | ピカソ展 | ブラック・ダリア 定年 シニア | ブログ | ベルギー オランダ | ベルギー オランダ フランス | ベルギー観光局 | ベンジャミン・バトン 数奇な人生 | ペシャワール会 伊藤さん アルカイダ | ペット | マイクロソフト 企業市民活動 NPO Day 定年 シニア | マイプレ キュリオステーション 定年 | マンション総会 定年 | マンション総会 定年 シニア | ミクシィ 定年 | ミシュランガイド 定年 | メキシコ 定年 | ヤーコン 定年 シニア | ユニコムかつしか | ヨコハマメリー 伊勢佐木町 定年 シニア | ライブドア メール問題 | ラスベガス 定年 | ラスベガスをぶっつぶせ 定年 | ララポート横浜 定年 シニア | リバースモーゲージ | ルーブル美術館展 | ワルキューレ | ワールドカップ 定年 シニア | ワールドベースボール・クラシック | 丁子屋 登呂遺跡 定年 シニア | 七五三 孫 スタジオアリス 定年 | 七夕 定年 シニア | 三丁目の夕日 | 三島 定年 | 三浦メロン 定年 | 上海 IKEA | 中核市サミット 定年 | 主人在宅ストレス症候群 熟年離婚 | 事業仕分け | 五木寛之 定年 シニア | 交通事故 定年 | 交通事故 自動車運転過失致死傷罪 | 仕事始め | 仕事始め 定年 | 仲山テニスクラブ 定年 | 伊勢佐木町 定年 シニア | 伊豆急 熱海 定年 | 伊豆松崎 定年 | 佐賀北優勝 定年 | 価格.com 定年 シニア | 倉敷 大原美術館 | 倉敷 岡山県自然保護センター 定年 | 倉敷 帰省 定年 | 倉敷青陵高校 定年 シニア | 倉敷青陵高校 OAZO 定年 シニア | 偲ぶ会 定年 | 光ファイバー | 光通信 光電話 定年 | 八景島シーパラダイス 定年 | 出口のない海 定年 シニア | 初詣 初日の出 定年 | 劔岳 点の記 | 動脈硬化学 定年 | 北海道 滝 湖 | 北海道旅行 動物 | 北海道旅行 紅葉 | 博士の愛した数式 | 厳しい残暑 定年 シニア | 参議院選挙 定年 | 取調べ可視化法 | 叙勲 | 台風 定年 | 右脳ドリル 定年 シニア | 同窓会 箱根 紅葉 | 囲碁 | 地デジ移行 | 坂本龍馬 お龍 | 夏祭り 定年 | 大井川鉄道 | 大和ミュージアム 戦艦大和 | 大学同期会 定年 シニア | 大晦日 定年 | 天城越え 河津七滝 紅葉 定年 | 天城高原 東急ハーベストクラブ 定年 | 姉歯問題 参考人質疑 | 学問・資格 | 孫 定年  | 孫 定年 シニア | 孫 日記・コラム | 孫 発熱 | 安倍内閣 本間正明 定年 | 安倍晋三 定年 | 安倍首相退陣 定年 | 定年 | 定年 シニア | 定年 シニア 愛宕山  | 定年 テニス 桜 | 定年 ブログ シニア | 定年 寿命 日記・コラム・つぶやき | 富士宮 定年 | 富士通 株主総会 | 富士通 株主総会 定年 | 小千谷 魚沼米 | 小沢問題 検察審査会 | 小田原 定年 | 小鳩保育園 交通事故 定年 | 市民風車 地域活動 ファンド事業 | 市長選 定年 | 平均寿命 定年 | 年賀状 | 年賀状 定年 ブログ | 広島平和記念式典  | 彩SITA サイタ 定年 | 御殿場アウトレット 定年 シニア | 心と体 | 忘年会 定年 | 忘年会 定年 日記 | 恋愛 | 愛を読むひと | 懇親旅行 定年 シニア | 成年後見制度 定年 | 投資セミナー | 政権交代 | 教育入院 成人病 | 数独 定年 シニア | 料理 定年 シニア | 新潟地震 小千谷 | 日記・コラム・つぶやき | 映画 フライトプラン | 映画「ハート・ロッカー」 | 映画「最高の人生の見つけ方」 定年 | 映画「2012」 | 映画・テレビ | 映画鑑賞 | 春の花 庭作業 定年 シニア  | 暫定税率 定年 | 朝日歌壇 | 来宮神社 節分祭 定年 | | 株 定年 シニア | 株主総会 | 株主総会 定年 シニア | 株価 相場 デフレ脱却 | 株暴落 定年 | 桜 定年 | 桜 花見 定年 | 桜 辻真先 定年 | 検察審査会 | 横浜ベイスターズ | 横浜ベイスターズ 定年 | 横浜中華街 | 横粂勝仁 | 横粂勝仁衆議院議員 | 横須賀 定年 | 横須賀リサーチパーク | 横須賀基地 米兵傷害事件  | 橋本かずみ 金森かずみち 定年 | 正月 定年 | 母べえ 定年 | 氷雪の門 | 沈まぬ太陽 | 沖縄  | 沖縄  本部 備瀬 | 沖縄 定年 シニア | 沖縄 本部 | 沖縄 瀬底島 古宇利島 | 沖縄 琉球王国 | 沖縄 石垣島 定年 シニア | 沖縄 竹富島 定年 シニア | 治療費 定年 | 浜 美枝 定年 シニア | 浜 美枝さん | 浦賀ドック | 湯河原 温泉 孫 | 湯河原 西京太郎記念館 独歩の湯 定年 | 熟年離婚 定年 シニア | 熱海 エイミック 定年 | 熱海 定年 シニア | 熱海 斉藤市長 定年 | 熱海 真鶴 湯河原 定年 | 熱海市会議員選挙 定年 | 熱海市観光戦略室 | 熱海市議会傍聴 定年 シニア | 熱海市議会選挙 定年 | 熱海市長施政方針演説 定年 シニア | 熱海市長選 定年  | 熱海市長選挙 ニュース | 熱海桜 湯前神社 定年 | 父親たちの星条旗 定年 シニア   | 特捜検察 | 犯罪被害者 定年 | 犯罪被害者団体ネットワーク | 琉球王国 沖縄 | 生命のミュージアム | 生命のメッセージ展 | 生涯学習講座 定年 | 町内会 夏祭り 定年 シニア | 町内会 定年  | 町内会夏祭り 定年 | 畑仕事 | 異業種交流会 定年 | 皆既月食 | 皇居参観 アトリウムコンサート | 盛岡 どんど晴れ 定年 | 監査法人の不正 定年 シニア | 真夏日 まちかど情報室 定年  | 硫黄島からの手紙 防衛省 定年 | 確定申告 | 福田首相辞任 | 秋晴れ 三島 | 秋晴れ 散歩 釣り | 突発性発疹 孫 高熱 | 突発性難聴 | 笑える話 | 箱根 アクティブSITA 定年 | 箱根駅伝 定年 | 箱根駅伝 日記・コラム・つぶやき | 篤姫 定年 | 米大統領予備選 定年 | 純情キラリ 定年 シニア | 経済・政治・国際 | 結婚式 定年 | 結婚記念日 定年 | 総選挙 | 緑のカーテン | 緒形拳 | 美ら海水族館 | 美術展 ギャラリー 定年  | 肥満度 BMI | 育児 | 能楽堂 吉村桂充 定年 シニア | 自動車運転過失致死傷罪 定年 | 自治体財政健全化法 | 芋たこなんきん 定年 | 英検 定年 | 英語 定年 シニア | 葛飾 立石様 定年 | 葛飾区市民活動支援センター セミナー 定年 | 葛飾区市民活動支援センター 定年 | 薄型テレビ 定年 シニア | 虚偽 隠蔽 社会モラルの低下 | 裁判傍聴 | 裁判傍聴 定年 シニア | 訃報 定年 シニア | 誕生日プレゼント 孫娘 | 身延線 下部温泉 定年 | 輪島 金沢 定年 シニア | 送別会 テニス 定年 | 連帯型福祉国家 定年 | 道路交通法改正試案 パブリックコメント 定年 | 違法駐車取締り強化 道路交通法改正 | 野村證券セミナー 定年 シニア | 野毛大道芸 定年 | 野毛大道芸 定年 シニア | 鎌倉 妙本寺 光明寺  | 阪神淡路大震災 定年 | 防衛大学 学園祭 定年 | 防衛大学校 | 阿部知子 後期高齢者医療制度 定年 | 雪崩事故  | 韓国 定年 シニア | 風のハルカ 定年 シニア | 飲酒運転撲滅 定年 | 高校野球決勝戦 定年 シニア | NHKまちかど情報室 定年 | SNS ミクシィ 定年

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト