« しばらく続けられそう | トップページ | ぶらぶら散歩 »

2021年3月 1日 (月)

久しぶりに市議会傍聴

今日、3月定例横須賀市議会を傍聴してきた。

3月定例市議会は今日が5日目最終日。

市のホームページを見ると、今日応援している議員ふたりが発言に立つとのことで、

これはラッキーと思い傍聴に行った。

発言日は、議員運営委員会で、事前にクジを引き決める。

任期中、1度も質問に立たない議員も結構いる。

いつも思う、こういう連中はどういう問題意識を持って地域で議員活動をやってるのだろうかと。

発言最終日の今日、よく知り、応援しているふたりの議員が続けて登壇し、発言するのでラッキー

との思いで傍聴に行った。

登壇し発言したふたりは小林伸行議員と藤野英明議員。

小林伸行議員の発言は

 1.市長の政治姿勢について

 2.行政執行の公平性と適切性について

ここでは2について。

この問題は小林議員が問題発覚以来、取り上げている件で、ボクが所属する横須賀

市民オンブズマンの会合にも一度来てもらい話を聴き、議論したことがある問題。

雑誌「フライデイ」が2度記事に取り上げた。

書けば長くなるので、ご興味のある方は小林議員のブログを参照願いたい。

今日の質疑はまずまず納得ゆくものだった。

次に登壇したのは藤野英明議員。

 1.コロナ禍での生活困窮と自殺の増加への対策の必要性について

 2.来年度、保育事業を実施するに当たって、本市がまず絶対に取り組むべきことにつぃて

2題とも、弱者に寄り添う、まさに藤野議員の本領発揮を感じさせるテーマであった。

いつものことであるが、100席くらいある傍聴席、今日傍聴していた人は10人弱。

今日は記者席にもメディアは来ていなかった。

議場に来ることができなくても、議員発言と市長他の答弁は市のホームページに開示されるので

後日、閲覧・視聴は可。

« しばらく続けられそう | トップページ | ぶらぶら散歩 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« しばらく続けられそう | トップページ | ぶらぶら散歩 »