« 昨日の重大な事故 | トップページ | 「友達は何のために」 »

2020年10月 4日 (日)

これが最後

定年直後に買った車、プリウスを買い換えた。

16年乗って、走行距離は3万キロ少々。

遠出するわけじゃない、スーパーへ買い物とテニスコートの往復くらい。

車の運転は、そもそもあまり好きじゃない。電車が楽。

さりとて、車がないと不便を感じる。

この車が間違いなく最後と言い、長い付き合いのあるトヨタのSさんから購入。

買った車はパッソ。

プリウスより一回り小さく、扱いやすく、年寄りには向いている。

Img_2539-2

パッソを無事故、無違反で乗り、車は終わりにしようと思っている。

そうなれば、40年通っているテニスコート行きも終わり。たくさんの仲間ともバイバイ。

あとは自転車。

ボールを打ちたくなれば、自転車で10分少々のところに壁打ちができるところがある。

考えてみれば、初めて乗った車は、大学3年生のときオヤジが3万円で買ってくれた

ポンコツのダイハツ。

大学に入ってやりたかったことのトップは運転免許の取得だった。

買ってもらった車で、夏休み幼馴染のタケシさんとカッチャンを誘い、神戸の下宿まで

行ったのを思い出す。

倉敷の町を出た直後、百舌鳥が花の国道の坂道で停まり、動かず、2人が降りて押して

何とか動き出した。

その後も何度もエンコし、押しの連続で、最も大変だったのは姫路の町中の国道2号線で

停まったとき。

だましだまし、最後は神戸の下宿に何とかたどり着き、銭湯へ。

真っ赤に日焼けしていて風呂で「ぼっけい、はしるのー(岡山弁で激しくヒリヒリする)」と

大きな声で言ったのを今でも覚えている。

60年前、岡山県には自動車学校はここだけというころ、オヤジに頼み、お金を出してもらい

夏休みに通わせてもらった。

倉敷から汽車に乗り岡山駅まで行き、自動車学校のバスに1時間くらい乗り1カ月近く通った。

それ以前、岡山県には自動車学校はなかった。

その当時は通っていた中学校の校庭で、学校が休みの日に運転免許実技試験が行われていた。

校庭に車幅少々のロープを張った仮設の道を走り、ロープを踏まないで走ると免許がもらえた

良き時代だった。

道路を走る車は少なく、これで大丈夫だったのだろう。

あれから、60年。

まさに隔世の感。

« 昨日の重大な事故 | トップページ | 「友達は何のために」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日の重大な事故 | トップページ | 「友達は何のために」 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト