« 裁判傍聴、そのあと懐かしいところへ | トップページ | 昨日の重大な事故 »

2020年9月27日 (日)

テレビを観て思い出した ①

東大駒場寮にまつわる番組をテレビでやっていて、大学に入学したあと1年半過ごした

寮生活を思い出した。

昨夜何を食べたか思い出せないのに、60年前のことを思い出せる人間の脳は不思議。

18歳、入った大学は神戸大学経済学部。

18歳の4月に入学、教養課程を1年半、姫路の寮で過ごした。

寮は2階建て、6寮まであり、一部屋1階は3人、2階は5~6人部屋だった。

名前のABC順に1階1室から割り振られ、Hのボクは最初は1階3室だった。

どういうわけか、しばらししたら2階の9室に移動させられた。

人が多い分、1階より2階は元気があり、これが寮生活を一層楽しいものにしてくれた。

前置きはこれくらいにして寮生活の話を。

寮は学校の敷地内にあった。

冬は部屋から歩いて数分の教室まで寝巻の上に丹前をはおって、つっかけ履きで行っていた。

良き時代であった。

寮費は寝て、朝、晩食べて月3千円。

貧しかった我が家はおふくろが「幼稚園より安い」と喜んでいたのを思い出す。

今でも当時の仲間たちと年4回、日比谷にある大学のクラブで旧交をあたためている。

当然、毎回当時の話で盛り上がり、80前になった皆、寮時代の話をよく覚えている。

「お前は、ああだった、こうだった」と本人が覚えていない話もしばしば出る。

寮は、旧制高校の寮をそのまま建替えることなく使い、汚かった。

特に風呂は湯を毎日代えないため、汚かったが、こんなものかと思い、毎日入っていた。

メシもまずかった。

覚えているのは、皆でぞうりと呼んでいた魚のフライ。

ぞうりはよく出てた。

まあ、家でもろくなもの食べてなかったので、文句はなかった。

2階の住人はトイレに行くのが面倒で窓からたれションしていて、2階に移ってよかったと思った。

トイレにはこんな話もあった。

トイレで首つり自殺した学生がいて、便意を催しても夜は怖くて行けなく我慢していたことを

思い出す。

長くなりそうなので、①はこのあたりで。

« 裁判傍聴、そのあと懐かしいところへ | トップページ | 昨日の重大な事故 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 裁判傍聴、そのあと懐かしいところへ | トップページ | 昨日の重大な事故 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト