« 今度こそ思いを遂げたい(その2) | トップページ | 裁判傍聴、そのあと懐かしいところへ »

2020年9月21日 (月)

サプライズ

毎日が日曜日の身には今日が休日かどうかは無縁。

「そうか、今日は敬老の日なんだ」と思ったことがふたつあった。

先ず、お昼前、ピンポン、誰だろうと思い出てみると、となりのトラムと子供たち。

「おめでとうございます」と渡されたのが↓

Img_2523

それとうれしいのは、5歳の息子キーガン筆頭に書いてくれた家族からの敬老の日カード

Img_2521

訪ねてきてくれたのは、そうだったのかと気づく。

カードの表は横須賀のベースの知り合いの日本人に頼んで書いてもらったのだろう。

Img_2524

「よし、写真撮ろう!」と言い、撮ったキーガンとオースティン

Img_2512

玄関で、もう1枚

Img_2516

先日、箱根に家族旅行で行ったとき「TakとHisakoにお土産買って帰ろう」ということに

なったのだろう、うれしい!!

カミサンに「お返し、どうしよう」と言ったら、すかさず「来月31日、ハロウイーンだから

ちょうどいいんじゃないの」

となり、何代にも渡ってベースに勤めるアメリカ人家族が住み、それぞれの家族と交流してきたが

敬老の日にこんなすばらしい気配りをしてくれた家族は初めて。

午後は蒲田に住む娘と孫娘たちふたりがスマフォの家族メッセンジャーに電話してきてくれ

「敬老の日、おめでとう!」

孫たちからは、学校のこと、好きな男の子のことちょっと、娘からは、お隣に住むNさんのこと。

亡くなられたNさんは、かつての上司で、40数年前、課長試験を受けたときの上司でお世話になった。

いろいろあった一日だった。

« 今度こそ思いを遂げたい(その2) | トップページ | 裁判傍聴、そのあと懐かしいところへ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今度こそ思いを遂げたい(その2) | トップページ | 裁判傍聴、そのあと懐かしいところへ »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト