« 「21世紀スキル」 | トップページ | 8月6日 »

2020年8月 4日 (火)

犯罪被害者支援条例制定、こんどこそ

わが町横須賀で犯罪被害者支援条例を作りたいとの思いでさまざまな活動をしてきたことは、

これまでブログに何度も書いた。

思いの原点は、25年前無謀運転のトラックにやられ亡くなった23歳の息子の交通死亡事故。

是非とも人口40万人の横須賀市で犯罪被害者支援条例を作りたい、作るべきであるとの思いで、

これまでいろいろ動いてきた。

市議会の生活環境常任委員会で条例制定の必要性を訴えたのは5年前。

反応はイマイチだった。

3年前には市長に面談し、条例制定の必要性を直接訴えた。

昨日市議会の犯罪被害者協議会を傍聴し「もう大丈夫。後戻りすることはない」との

印象を強く持った。

協議会の委員長、10人の議員の発言を聴き、やっとここまできたかと感慨深かった。

昨日は協議会のメンバーがより一層理解を深めるために神奈川被害者支援センターの所長である

長島さんを招き、支援センターの活動を中心に、話を10人のメンバーが聴いた。

議員から、条例制定を目指しての思いからはじまり多くの質問が出て、彼らの条例づくりに大いに

参考になったと思う。

もうあとは、来年3月の条例制定に向けて進むだけ。

積年の思いの条例制定まであと半年。

感無量の思いで協議会を傍聴した。

傍聴者はボクひとりだけだったが、仕方ない。

条例ができ、救われる人がひとりでも多く出てくれば、ここまで遠かった道のりはどってことはない。

終わったあと、講演をしてくださった長島 豪さんのお話がすばらしかったので、お声掛けして

しばらく時間をいただいてお話した。

お会いしたら長島さんは開口一番「花房さんにはお会いしたこがありますよ。横浜市が行った

犯罪被害者支援協議会で」と。

えっ、と答えたがお顔が思い出せなかった。

77歳になり、最近珍しくなくなったこのような出来事に恥ずかしい思いがした。

長島さんの言われた犯罪被害者支援協議会には2度呼ばれ、会合には10数回、委員のひとりとして

参加した。

4年位前だった、たしかブログにも書いたはずだと思い、出てきたブログは

http://tak05.cocolog-nifty.com/banzai/2016/11/post-3fec.html

20分くらいだったが長島さんとは大変良いお話ができた。

長島さんが所長として活動されている神奈川被害者支援センターではボランティア不足で困っている

とのお話があった。

時間は十分にある身、お役に立てるものであれば活動に参加させていただきたいと思った。

条例が出来た暁には、もうひとつやりたいことがある。

それは、自分で勝手に名前をつけている「犯罪被害者条例推進協議会」の発足。

市の市民安全部が事務局になり、警察、市議会、弁護士会、検察、神奈川県の支援組織、

市内の福祉団体、犯罪被害者がメンバーが入った協議会つくりを目指したい。

犯罪被害者には、交通事犯だけでなく、凶悪犯罪被害者、数から言えば最も多い性犯罪被害者の

皆さまにも参加していただき、市全体で犯罪被害に向き合っていく活動に結びつけてゆきたい。

横須賀市が、犯罪被害者支援条例制定では先行している神奈川県の他2市、茅ヶ崎、横浜に続き

3番目の市になりそうな予感がし、充実した時間が過ごせた昨日の午後であった。

« 「21世紀スキル」 | トップページ | 8月6日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「21世紀スキル」 | トップページ | 8月6日 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト