« 結婚記念日 ① | トップページ | 結婚記念日 ③ »

2020年6月 8日 (月)

結婚記念日 ②

古い話になるが、結婚前の25歳前後の話から。

22歳で大学を卒業し就職。

勤めた会社は興和。

名古屋が本社の会社でキャベジンやコルゲンの薬品製造、販売に加えて

貿易商社、紡績など幅広くやっていて、中京地区では名門企業。

先日の朝日新聞一面トップ記事で、安倍首相が国がマスク調達先に選んだのが

興和と書いてあり、オッと思い読んだ。

先ず、興和に入社した経緯、そのあと富士通に転職したきっかけについて。

神戸大学を卒業したのは1966年3月。

当時、4人で一軒家を借りていて、自堕落な生活をしていた。

下宿では子供たち向けの塾をやったり、各自アルバイト、夜は部屋でマージャン・・

大学は神戸の高台にあり、下宿から大学に行くにはバスに乗らなければならない。

下宿からバス停までは歩いて10分くらい。

「よし、今日は行こう」と思い、バス停まで行くものの、バス停前には

パチンコ屋があり、パチンコの誘惑に負けてということが珍しくなかった。

顔見知りの店員から「学校行かないの?」と言われたことが何度もあった。

久しぶりに行った学校では就職案内の紙がいろいろ貼られていて、そのひとつが

目に入った。

それが興和。曰く「往復の交通費出します」

行ったことのない名古屋、この際観光してこようと思い、教務課に行き

説明会参加を申し込んだ。

帰って下宿の仲間に話したら「一緒に行きたい」と言い、彼は翌日教務課に行き

申込みし、後日、ふたりで名古屋に行った。

説明会に参加したあと、ふたりともに内定通知が届いた。

倉敷にいた親父に電話。

親父は「聞いたこともない会社だ。断って商社か銀行を受けろ」と指示があり

大学の教務課に行き、内定通知を断りたいと話したら「ダメだ。来年から採用募集が

こなくなる可能性がある。内定通知に従って動くように」と言われ、これで興和の

入社が決まった。

結婚記念日とは関係ない話になってしまっている。

次回、結婚記念日 ③以降では興和に入社したあとカミさんといかにして結ばれたかを

書こうと思うが、その前にしばらく蛇行が続きそう。

もしよろしければ、お付き合いください。

« 結婚記念日 ① | トップページ | 結婚記念日 ③ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 結婚記念日 ① | トップページ | 結婚記念日 ③ »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト