« どれも思い出いっぱい ③ | トップページ | 英語では苦労した ① »

2020年4月26日 (日)

ポールの夢をみた

どうしてなのか、45年くらい前初めて会い、大変仲の良かったシドニーに住む

ポール レティが夢に出てきた。

起きて、一瞬ポールに何かあったのではと思ったが連絡の取りようがない。

彼とは思い出がいっぱいある。

歳はほぼ同じ、1974年から3年間駐在していた富士通オーストラリアの仲間。

最初の出会いは、駐在がスタートしたシドニーに着いた日、1974年6月21日の朝。

空港には駐在員が迎えに来てくれて、出張者の定宿だったモーテルまで連れて

行ってくれた。

夜行便でよく眠れなく、シャワーを浴びて、さあ寝ようと思っていたら

ドアをノックする音が。

誰だろうと思い、出てみると大男が立っていた。

この男がポールだった。

ポールは色々話すが、ところどころしか理解できない。

どうも自分の担当するお客様で問題があり解決できないので一緒に来てくれ

ということのようだ、とおおよそわかった。

おいおいという感じだったが、ポールについて彼の車でDPAというお客様のところへ。

当時、オーストラリアで無名の富士通のコンピューターを買ってくれるのは、

ほとんどが計算センターだった。

セールスが以前他のメーカーにいたとき売ったマシンをリプレースしたお客様が

多かった。

セールスは売ればコミッションが入ってくるのでリプレースは一番手っ取り早い。

セールスマンの乗る車がグレードアップするのを何度も見た。

ポールに話を戻して。

初めて会って、何とか問題が解決し、ホテルに送り戻してくれる途中

ミルクバーと呼ぶコーヒや軽食が飲み食いできる店に寄った。

ポールがいろいろ話す中「ここではファースト ネームでしか呼び合わないよ。

ファースネームをつけようと言い出し「フルネームは何?」に対し

「Hanafusa Takanori」と答えた。

応えてポール「Takanoriか」それじゃと長すぎと言い「Takaはオーストラリアでは

食べ物のこと(スペルはたしかtucker。弁当箱はtucker box)であまりよくない。

Takにしよう」

ということで、到着した日に名前がTakに決まった。

オーストラリア人独特の言葉、表現は周りの仲間が嬉々として教えてくれた。

今でも覚えているのは、

Bloody good tucker mateーすげー、美味い

No sweat diggerー心配するな

Should be right mateーうまくいくよ

Bloody hellーとんでもない

駐在後、出張で行ったときポールの家には毎回のように泊めてもらった。

ホテル代の半分くらいポールに渡し、双方winwin

当時は精算するとき宿泊代の領収書を添付する必要がなかった。

今でもシドニー空港からポールの家には車であれば行けると思う。

チッペンデールというサバーブズだった。

泊まったときには、夜更かしのポールが毎晩遅くコーヒーを飲みに行くのに

付き合わされた。

ポールはくどい。しゃべるのがとにかく好き。

「ポール、もう寝よう」と何度言ったことか。

ポールが言ったこんなことも覚えている。

「オーストラリアに移民して、富士通オーストラリアに雇ってもらったら」と言い

ポールと一緒に不動産屋を回ったこともあった。

カミさんに話したら「冗談じゃない!」と一蹴された。

もし、そうしてたら、今ころプール付きの家に息子も入れて4人でシドニーに

住んでいたのでは」とひとりで何度も思った。

こんなこともあった。

夜、ポールの友だちがやってきて、押入れの引き出しの奥からポールが

黒い塊を出してきた。

ナイフで細かくきざみ、それを病人が飲むフラスコのようなものに入れて水を加え、

それを回し飲みした。

回ってきたものを恐る恐る受け取ったら「大丈夫、Tak、ハッシシ(大麻)だよ。

1回飲んだくらいだと何ともならないよ」と言われ、こわごわ飲んだことを

40年以上経ったいまも、あの時の情景含め、まざまざと頭に浮かんでくる。

ポールが出張で東京に来て我が家に呼んだとき、娘にリカちゃん人形を

買ってきてくれたこともあった。

どうしてるだろう、あのころは独身で不摂生だったポール、元気かなぁ。

だったら、いいんだけど。

書いていたら他にも思い出した会社の仲間がいる。

ブライアン ジョンソン。

理くっつぽい男だった。

富士通の悪口をよく言っていた。

ブライアンから一度「うちでパーティやるから来いよ」と誘われた。

夏で自宅のプールサイドでのパーティだった。

たしかパンチほかアルコールがふるまわられ、興が高まってくると来ていた

男女20人くらいが真っ裸になりだした。

ブライアンが「Tak、脱げよ」と言い、恥ずかしかったが思い切って。

そのあとは皆、プールに飛び込みドンちゃん騒ぎだったことを思い出す。

仲が良かった仲間は他にもいろいろいた。

思い出すのは、クリス ヘンショウ。

彼は小さな部屋をもらっていたのでマネジャーだったのだろう。

部屋をのぞくと、いつもクロスワードパズルをやっていた。

「毎日、帰るまでに3つは解く」と言っていたのを思い出す。

長くなっているが、もう少々。

名前を忘れたがボスから「メルボルンで困っているみたいなので行ってくれ」

と言われたことがある。

メルボルンには日本人はいなかった。

きっと、当時誤訳が多かったマニュアルではと思い、日本語のマニュアルを

思いつくもの数冊持って行った。

問題は案の定、英文マニュアルのミスだった。

よくぞ、こんなコンピュータをこんなマニュアルを付けて売っていたんだと

今更ながら思う。

問題が解決したあと「さあ、昼飯」と言い、仲間数人に誘われ、近くのパブへ。

みんな酒を飲んでスヌーカー(玉突き)

一緒にやり、いつものことのようだったが、2時間くらいかけて昼休みが終わり

事務所に戻った。  

帰る前に支店長に報告しなければと思い、ヒュー シンプソンという、

前に会ったことがあるヒューのオフィスに行って報告した。

ヒューに「一日中英語で疲れた」と言ったら、ヒューが「お前の英語を聞いて

俺も疲れた」と笑いながら言ったことを思い出す。

これも思い出した。

3年間の任期終了まじかになり、この国が好きになった、移民できないものかと

秘かに思い、シティにある移民局に話を聞くために行った。

係官との会話は鮮明に覚えている。

曰く「仕事は何だ」「コンピュターエンジニア」と答えた。

係官曰く「この国はまだまだコンピュターエンジニアは少ない。

会社の上司の推薦状を持ってこい。考える」という感じだった。

帰ってカミさんに話したら、またまた「何を考えているの!冗談じゃない!

来月には帰るよ」

野望はついえた。

何度も思った。

1回しかない人生、もしカミさんが了解してくれていたら、きっとやっただろうと。

希望を上司に話し、望んで駐在したのは31歳から3年間。

当時の富士通オーストラリア仲間のほとんどは70歳を超えている。

ぜひ、みんなに会いたい。

年末には毎年OB会をやっているようなので、カミさんの体調が大丈夫だと

ぜひ今年は夫婦で参加して旧交を温めたい。

長々と書いた思い出話にお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

« どれも思い出いっぱい ③ | トップページ | 英語では苦労した ① »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« どれも思い出いっぱい ③ | トップページ | 英語では苦労した ① »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト