« 市議会傍聴ー犯罪被害者支援条例ー | トップページ | 町内会館で映画 »

2020年3月 8日 (日)

この新聞記事、共感

今朝の朝日新聞1面トップ記事「女性役員ゼロ 自己責任?」に思わず、その通り!と。

記事の要旨は、

 「世界経済フォーラムの男女格差(ジェンダーギャップ)の最新報告書で日本は

  過去最低の世界121位に沈んだ。その大きな要因が、政治や経済のリーダー層に

  おける女性の少なさ。日本の上場企業の2019年の女性役員比率は5.2%にとどまる」

恥ずかしい実情に、あらためて唖然との思いで記事を読んだ。

記事には「女性役員ゼロ」の大企業と呼ばれる14社の名前が紹介されていた。

名指しされた14社は、明日月曜日朝一番で緊急に役員会を開き、遅ればせではあるが、

男たち役員が集まり、対応を検討することであろう。

また、6月に開かれる各社の株主総会では新任役員候補補に女性を入れることであろう。

それにしても、世界153か国の中121位とは情けないことこの上ない。

挽回するには、根っこから国を挙げて考えて意識、行動を変えていかない限り改まらない。

一番身近は家庭、次に学校、それに社会全体。

子育て、学校教育、根幹になる部分を変えていかない限り、それの派生した結果である

今回問われている企業の女性役員数や政治に携わる女性の数は増えていかない。

「男尊女卑」の言葉や意識は先進国と言われる国にはおよそない言葉だ。

今回、企業現場で端を発した「ジエンダーギャップ」問題、これをきっかけに家庭、教育現場での

意識改革につなげてゆき、孫の世代が社会の中心になる時代には、他国に比べて遜色のない

「ジェンダーフリー」の国になっていることを切に願う。

« 市議会傍聴ー犯罪被害者支援条例ー | トップページ | 町内会館で映画 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 市議会傍聴ー犯罪被害者支援条例ー | トップページ | 町内会館で映画 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト