« 心地良い陽気に誘われ | トップページ | 市議会傍聴ー犯罪被害者支援条例ー »

2020年2月23日 (日)

「共に老いる」

NHKラジオの「実践ビジネス英語」講座を聴きはじめたのは2012年6月。
もう8年近くになる。 
水、木、金15分づつ、その気になれば朝、昼、夜同じ放送を3回聴くことができ
土曜日には45分の再放送があり、 至れり尽くせり。
1ヵ月に1度、近くの本屋で495円のテキストを買ってくるだけ。
テキストは捨てないためたまり、カミさんからずっと「処分してよ」と言われている。
毎回記憶しておきたい言葉や表現があるため、アンダーラインを引き一時期ノートに
書き写していたが、中断。
この作業が終わったら、心おきなく資源ごみに出すつもり。
Img_1968
さて、タイトルの「共に老いる」は今月の2テーマのうちのひとつ。

会話に登場する人物はニューヨークに拠点をおく健康・美容関連ビジネスの会社の
従業員の男性6人と女性3人。
テーマのタイトル「共に老いる」にそって、親の老い、介護とともに自分たちの老いを
中心に会話が展開。
アメリカでは1963年にケネディ大統領が5月を高齢者月間に制定。
毎年違ったテーマが提唱される。今年のテーマはMake your mark(名を残そう)
アメリカ社会に対する高齢者の貢献を認め、奨励しようという趣旨。
65歳以上のアメリカ人の数は2016年に4,920万人に達し、全人口の15.2%に
なったそう。
ストーリーの中で登場人物のひとりの65歳の姉が90歳の母親を介護する話が出てきた。
いずこも同じ、まさに「共に老いる」の状況になってきている。
2050年までに世界の人口の6人にひとりが65歳を超えると推定されることも話題になった。
また2018年には世界の人口のうち65歳以上の人の数が5歳未満の子どもの数を上回ったとの
話も出ていた。
アメリカでは無給で介護している人の4分の1の600万人余りが現在、親や義理の親、祖父母の
介護をしているそうだ。
近い将来の我が家を想像しながら聴いたテーマだった。

« 心地良い陽気に誘われ | トップページ | 市議会傍聴ー犯罪被害者支援条例ー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 心地良い陽気に誘われ | トップページ | 市議会傍聴ー犯罪被害者支援条例ー »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト