« バレンタインデイの思い出 | トップページ | 法事で帰省 ① »

2020年2月15日 (土)

クルーズ船の感染ニュースを観て

このところ連日のトップニュースは新型コロナウイルスの感染問題。

日本でもついに死者が出て戦々恐々。

その中で横浜に停泊しているクルーズ船の船内の模様が逐一伝えられてきていて

乗客の感染の心配が報じられている。

新型コロナウイルスは強烈な感染力があり、船内に閉じ込められている人の不安、

いつになったら解放されるかとの心配は日に日に募っている。

クルーズ船と聞き、思い出し、カミさんとクルーズ船に乗った話をした。

7~8年前のこと。

以前から「死ぬ前に一度クルーズ船に乗りたいね」とふたりで話していた。

カミさんがネットで見つけ「安いの見つけた。これに乗ろうよ」と言ってきた。

アメリカ船籍の船でスペインのバルセロナ発、地中海をクルーズしバルセロナ戻り。

「いいねぇ、バルセロナの観光もできるし」とふたりで意見が一致。

行く前にカミさんから言われたことは「船に乗った時、夜食事に行くとき着る

黒いジャッケットを買うこと」

知り合いの息子の友人の女性の店に買いに行き、カミさんがこれにしようと決めた

服を買った。

バルセロナに2泊し、ボクは出張で行ったことがあったが、カミさんは初めての

バルセロナの街をぶらぶら。

サグラダ・ファミリアやランプラス通り、市場ほか散策し、スペイン料理を堪能。

3日目の朝、クルーズ船の出るバルセロナの港へ。

たしか4泊5日の地中海巡りのツアーだった。

乗船中、アジア人と思われる人にはひとりも会わなかった。

期待した通り、道中楽しめ、さまざまな異経験をした。

下船し街を観光するオプショナル ツアーにはすべて参加。

ニース、ローマ、ナポリ

船での夜会、食事、それに泊まった船室、今でも鮮明に思い出す。

「コロナウイウスの感染が疑われる人は横浜港の岸壁に停泊したクルーズ船の

狭い部屋に閉じ込められ大変だなぁ。早く自宅に帰れればいいのになぁ」と

カミさんと話した。

新型コロナウイルス、極めて厳しく監視、チェックされてはいるが、この先、

どうなるのだろう、いつ収れんするのだろう。

« バレンタインデイの思い出 | トップページ | 法事で帰省 ① »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バレンタインデイの思い出 | トップページ | 法事で帰省 ① »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト