« 遅ればせながら新年会 | トップページ | 快晴の一日 »

2020年1月30日 (木)

犯罪被害者支援条例

一昨日、知り合いの横須賀市議会議員のFさんから「花房さん、市議のFです。急ぎの

お願いがあります」とのメールが届いた。

何かと思い開いてみると

 ・明後日の「政策検討会議」で議論される事柄について花房さんのご意見をいただきたい。

 ・犯罪被害者支援条例案に対する市長室からの意見への「反論」をいただけるとありがたい。

ボクの意見を書いて、併せて「政策検討会議」を傍聴させてもらいますと返事した。

政策検討会議は年4回開催される定例本会議に先立ち、全党派の代表が出席して定例会議で

議論されるテーマについて意見交換する場であり、何度か傍聴したことがある。

返事の中には以下を書いた。

 ・積年の思いの犯罪被害者支援条例の制定、ボクが思いが遂げられなかった宿願なので

  何としても条例制定を成就して欲しい。

 ・お気づきの通り、前に進められない大きな要因は行政側の消極的な取り組み姿勢にある。

と書いて、これまで奮闘してきたことを書いたブログ(文末で紹介)を付けて返信した。

今朝、市役所の会議室で開かれた「政策検討会議」を傍聴参加した。

傍聴者はボクひとり。

犯罪被害者支援条例は第一番目のテーマで取上げられ、F議員が提案主旨説明を行った。

参加した各会派の6名の議員から反論、指摘はなく討議は終了。

会議の座長が全会派に今後の対応を提案。

全会派一様に「持ち帰って会派内で討議」となり、座長が「次回2月7日の政策検討

会議で全会派の意見を出してもらい議論する」で終了。

終わったあと、F議員と少々会話。

そのあと別の議員のMさんから挨拶された。

ボクは4年前の秋の議会の生活環境常任委員会で犯罪被害者支援条例の制定を求め

陳情したことがある。

Mさんはそのとき委員会の委員のひとりとしてボクの陳情を聴いてくださったとのこと。

Mさんは「あのとき花房さんは口が乾いていたようで発言されるのが苦しかったよう

だったので、途中で水を差し上げようかと思ったことを思い出します」と言われた。

まさにMさんの言われる通りで、初めての経験で何としても思いを伝えたい、解って

欲しいとの思いが先行し緊張し、口の中が渇き弁舌に苦慮したことをしっかり覚えている。

読み上げる文章は準備していて、10分くらいで、ただそれを読むだけだったのだが。

まさにMさんの言われる通りだった。

当時書いたブログを探したが、生活環境常任委員会で陳情したことはブログに書かなかった

ようで見つからない。

そのほか関係ブログが以下ふたつ見つかった。

ふたつめの2017年のブログは市長に面談し訴えたときのことを書いたブログ。

2015年11月5日 http://tak05.cocolog-nifty.com/banzai/2015/11/post-c87a.html

2017年10月3日 http://tak05.cocolog-nifty.com/banzai/2017/10/--743e.html

思い起こせば犯罪被害者支援条例を、何としても人口40万人のこの町で作りたいと考え

ひとりで動きはじめて6年を超えた。

ここにきてやっと先が見えてきた気持ちになった。

終わったあとF議員と話した。

「やっととの思いです。凶悪犯罪、交通事犯はもちろんですが、数が多いのは性犯罪です。

早く犯罪被害者支援条例を制定し、特に性犯罪被害者の方々の助けになるよう、よろしく

お願いします」

« 遅ればせながら新年会 | トップページ | 快晴の一日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 遅ればせながら新年会 | トップページ | 快晴の一日 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト