« SITAをはじめた思い ① | トップページ | 映画2本 »

2020年1月24日 (金)

SITAをはじめた思い ②

①で書いたように上司の渋々の了承を取り付け、1998年12月はじめたSITA試験であったため

何としても、定年退職する前に自ら受験し資格を取らなければとの思いに駆られた。

SITAの試験には1級から3級まで3つの級があり、1級では1次試験のペーパテストと

パソコン講師を想定しテーマに沿ったプレゼンテーションを行う2次試験をクリア

しなければならない。

迷わず1級を受けることにした。

当時仕事ではワードを使った文書の作成とパソコン通信しかやっていなかったため

ハードルは高かった。

1次試験のペーパーテストはWordとExcel 

Excelはほとんど使ったことがなかったため、さあ大変。

テキストを使ってにわか勉強をはじめた。

2次試験は、テーマが3つ決まっていて、そのうちひとつが出題され、試験官の前で

プレゼンテーションするという内容だった。

今でも覚えている。テーマのひとつは「ごみばこ」

家で女房の前で練習して女房に聴いてもらった。

彼女が言ったひとことは「何を言っているかよくわからない。大丈夫?」

パソコン教室の富士通オープンカレッジでやっていた対策講座も申し込み受講した。

このような受験準備をして正規の手続きを踏み、もちろん対策講座受講料、受験料を

払い受講、受験した。

試験はオープンカレッジのひとつ、東京の表参道校で受けた。

表参道校のオーナーはよく知った仲で、試験の前、ガンバってと声をかけてくれて

プレゼンテーションの発表も教室の小窓からのぞき見していて、終わったあと

「悪くなかったよ」と言ってくれた。

このような経過をたどり、何とか合格し合格証をもらい、SITA資格が取得できた。

定年退職したときSITA資格の合格者は1級、2級、3級重複受験していただいた方含め

合格者の合計は延べ3000人を超えた。

それから15年以上経った今、きっと5000人を超える方々にチャレンジしていただいた

のではと思う。

次の「SITAをはじめた思い ③」では、合格された方々が全国各地でグループを作る動きが

はじまったことを紹介。

« SITAをはじめた思い ① | トップページ | 映画2本 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SITAをはじめた思い ① | トップページ | 映画2本 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト