« 犯罪被害者団体ネットワーク | トップページ | 娘の帰省 »

2019年12月 6日 (金)

息子の部屋のリフォーム

横須賀のこの家に住んで41年。

裏が海で波風をもろに受けることが珍しくないのに大きな改修もなく、

長い間住み続けられていることは大変ラッキー。

そんな中、先月かつて息子が使っていた部屋のリフォームをした。

カーペットからフローリングに替え、壁紙と天井を張り替えてもらい、

部屋の雰囲気が一新した。

Photo_20191206102701

この部屋は息子がいた頃は仲間のたまり場だった。

いろんなことを思い出す。

会社から帰ってきて部屋を覗くと息子はいなく仲間が「今日は帰ってこないと思うよ」

と言いながら、ファミコンをしていたことがあったり、息子がいないとき遊びに来ていた

仲間が2階の台所でご飯を炊いて食べていたこともあった。

リニューアルするにあたり部屋の押入れを片付けていたら、こんなものが出てきた。

Photo_20191206103501  

息子が交通事故で亡くなった年、事故から3ヵ月経った10月、横須賀市長から

いただいた感謝状。

交通事故遺児奨学基金があることを知り、夫婦で「交通事故で生計の柱を失くされた

ご家族は日々大変な思いで生活されていることだろう。できる支援をしよう」と話し

息子の遺志との思いで30万円寄付させていただいたことを思い出す。

今は息子のこの部屋はほとんど使っていない。

息子がいなくなったあと、カミさんはこの部屋にはまったく入らない。

ボクは英検の受験勉強は息子の机でやりたいと思いやった。

来年4月には沖縄の娘家族が姉孫の高校入学に伴い東京に移ってくることになるだろう。

孫たちに「気分を替えて勉強したくなったときは、リフォームした豪くんの部屋で

やったらいいよ」とメールを送った。

« 犯罪被害者団体ネットワーク | トップページ | 娘の帰省 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 犯罪被害者団体ネットワーク | トップページ | 娘の帰省 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト