« アメリカにおける貧困 | トップページ | 防衛大学校開校記念祭 »

2019年11月13日 (水)

この時期恒例の催し、楽しんだ

昨日、川崎で開催された絵画展を観に行った。

主催は会社で2年先輩だった斎藤潔さんと奥さまの水彩画二人展。

毎年案内をいただき、今年が8回目。

3年前には会場でびっくりする出会いがあった。

会場入ってすぐのところに、ふたりのお孫さんの絵。

11歳と9歳。

おじいちゃん、おばあちゃんの画才を受け継いでいるなぁと感じさせる絵。

Img_1798-1

毎年拝見する奥さまの絵、すばらしい。

Img_1800-1

Img_1799-1      

4枚目の作品、茗荷の絵が気に入り、我が家にお嫁入りすることになった。

斎藤さんの絵は微妙な色使い、極めて繊細な表現に毎度のことながら感服する。

特に空の色、水の色には絵とは思えないものを感じる。

ご本人が案内のハガキに書かれていた「光と影を生かした風景画を目指しています」

まさに、それが具現化されていると感じ入った。

Img_1807-1   

Img_1805-1

Img_1803-1

3枚目の作品はニュージーランドのクイーンズタウン。

11年前に夫婦で行ったクイーンズタウン、そのとき歩いた湖ではと思い

書いたブログを検索した。 

ブログを見たら、またニュージーランドに行きたくなった。

今度は北島はやめて南島だけにしよう。

夫婦で大好きになったクイーンズタウンを中心に、南島の南の方を

またBed&Breakfast(民宿)に泊まりながらレンタカーを借りて2週間くらい。

年が明け、2月の初め、ニュージーランドの夏の後半に行こうとカミさんを

誘ってみよう。

話を絵画展に戻して。

5時前に昔の会社のSE(システム エンジニア)仲間2人FさんとSさんが来た。

そのちょっと前に女性がひとりで入ってきて「花房さん」と挨拶された。

大変失礼ながら(最近珍しいことではないが)しっかり思い出せないまま

しばらくおしゃべりした。

4人で話は盛り上がり、かつての仲間の話を中心に近況ほか、話題は尽きず。

Garou

今年も半日、楽しい時間を過ごした。

« アメリカにおける貧困 | トップページ | 防衛大学校開校記念祭 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アメリカにおける貧困 | トップページ | 防衛大学校開校記念祭 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト