« こんなこと始めた | トップページ | 熱海~三島~大阪~西宮~紀伊半島巡り ④ »

2019年10月 2日 (水)

芭蕉講話会

9月3日から近くのコミュニティセンターでスタートした芭蕉講話会に参加している。

10日に1回くらいのペースで開催されていて、講師は元中学校の国語教師だった方。

参加者は30人くらい。毎回楽しみに参加している。

これまで3回の講義では、俳句についてからはじまり、芭蕉の人となり、当時の

江戸の町の様子、「月日は百代の過客にして、行かう年も又旅人也」からの書き出しで

はじまる「奥の細道」の書かれた背景、交遊、旅立ちからはじまり、奥の細道の道程ほか

大変興味深い話の連続であった。

誰もが知っている句では、

 「古池や蛙飛びこむ水の音」

 「夏草や兵(つわもの)どもが夢の跡」

4回目の昨日は遠出して、芭蕉の創作拠点であった深川、江東区の芭蕉記念館を訪ねた。

記念館の前には、ばしょうの樹が植えられていた。

Photo_20191001213801  

興味深い展示がたくさんあった。

ボクはダメだ、こういうのには、はまってしまい、カミさんと一緒だったら

「いい加減にしてよ!」と文句を言われる。

奥の細道の道程と足跡

Photo_20191001222301

以下、講義で聴いた話。

 ・奥の細道の全工程はおよそ450里(約1800km)

 ・移動した日の平均行程7里半(約30km)ー横須賀から横浜までの距離

芭蕉は「奥の細道」のほか「野ざらし紀行」「更科紀行」と旅を重ね、51歳で死去。

ゆっくり観終わったあと、深川に来たのだから深川めしを食べようと思い食べ、満足。

Photo_20191001230201  

29日が講義最終回。

次回15日は芭蕉記念館見学の話で盛り上がることだろう。

これを機会に講義で紹介のあった岩波文庫の「芭蕉おくのほそ道」読んでみよう。

« こんなこと始めた | トップページ | 熱海~三島~大阪~西宮~紀伊半島巡り ④ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« こんなこと始めた | トップページ | 熱海~三島~大阪~西宮~紀伊半島巡り ④ »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト