« 朗読の会公演 | トップページ | 久しぶりに市議会傍聴 »

2019年8月30日 (金)

この交通事故の原因、大いに疑問あり

先日書いたブログ「生命のメッセージ展」で桐生に宿泊した朝、ホテルで

朝食をご一緒した折り、ルポライターの柳原三佳さんが今年1月、静岡県三島市で

起きた交通事故ならびに被害者のNさんのことを詳しく話してくださった。

Nさんに会いたいと思い、火曜日夜から熱海に来ている。

一昨日、二人の幼い子供さん連れて三島駅に来てくださったNさんに会った。

ファミレスに行き、事故について、それと加害者の女性について色々お話を聞いた。

印象は、加害者の明らかな過失がもたらした酷い事故に対し、適切な事故原因の追究と

対処ができていない警察、半年以上経っているのに未だ処分を決めていない検察への疑問、

お話をお聞きし、怒りを抑えられなかった。

亡くなられたのは、50歳のNさんのお父様。

ファミレスで食事したあと、Nさんに近くの事故現場に連れて行っていただいた。

解せない、まったく!!

ここで事故直後、加害者の女の述べたことを鵜のみにして警察が作った実況見分調書は、

ゼッタイ間違っていると思った。

1月22日の夕刻6時、仕事先から原付スクーターで帰宅途中だったお父さん。

警察は事故直後、加害者の女の供述をそのまま鵜呑みにし「お父さんの右折が原因だった。

大通りをスクーターで直進してきたお父さんが細い道へ右折しようとして衝突したことが

事故が起きた原因」と決めつけた。

翌日、新聞各紙もその趣旨で報道した。

Nさんは「警察官は大通りをスクーターで直進してきていた父が細い道へ右折

しようとして衝突した事故だと言いました。私たち家族は耳を疑いました。

父は慎重な性格で、原付で片側二車線の大通りを通るのは怖いからと

通勤時には細い裏道を通っていました。つまり、大通りを直進するはずは

ないのです。我が家は細い道から帰ってきて大通りを横切った細い道の先に

あります。相手の加害者は自分は青信号で直進、対向してきた父が急な右折を

したと事故直後、警察に説明したそうで、私たちは直感的に、その状況は

あり得ない!と思いました」

その後、Nさんご家族は、ショックのあまり現場に足を向けることのできない

母親を助けながら、目撃情報を募るため、さまざまな行動を起こした。

事故現場近くの店舗に話を聞きに行き、交差点でビラ1000枚を配り、

SNSでも目撃情報を募った。

また6万5000枚の新聞折込や3000枚のポスティングも行い、新聞にも

取り上げてもらった。

Nさんから話を聞いたあと、連れて行っていただいた事故現場でスマフォで

写真を撮った。

正面中央に見える信号のついた細い道が、お父さんが太い道を渡ろうとして

通ってきた道。

Img_1562-1

一方、これが、女が右方向から来た太い道。

Img_1563-1

お父さんが渡る信号付きの細い道は太い道を渡り過ぎそのまままっすぐ進めば

右のフェンスの奥の細い道へつながり、その先にNさんのご自宅がある。

繰り返しになるが、事故直後、加害者の女は「自分は青信号で直進、対向してきた

相手が急な右折をしたためぶつかった」と警察に話した。

まったく、あり得ない話!!

おまけに女は赤信号で通り抜けようとしたことが現場近くの防犯カメラに残っている。 

事故は極めてシンプルな状況で起きていて、何故これを現場検証した警察は

見抜けなかったのか、大変な疑問と怒りが残る。

まさに典型的な「死人に口なし」、加害者がとっさにウソをつき自己防衛した

交通死亡事故。

到底許せない!!!

警察の初動捜査もお粗末極まりない。

初動捜査した三島警察署が頼りなかったためだろうか、すぐさま静岡県警が

乗り出してきたとのこと。これも異例だ。

現場にはお花が手向けられていた。

Img_1564-1

加害者の女の処分について、事故から半年以上経って未だに検察は結論を出していない。

どうなっているのか!

警察のお粗末な初動捜査含め納得のゆかない関係者たちの対応。

ただ、ホッとしたのは、もともとNさんが依頼していて対応に納得のゆかなかった

地元の弁護士を、最近起きた「高速ながらスマフォ運転」事故を担当した東京の

T弁護士に替えたこと。そのことを聞き「よかった!」と何度もNさんに言った。

T弁護士とは長い付き合いがあり、常に犯罪被害者の立場に立って対応される方で、

本当によかったー!

亡くなられたお父さんは50歳だったとのこと。

子供さんが4人いらっしゃって、お会いしたNさんには小さい女の子供さんと男の子供さん

2人がいて、きっとこれから先、お父さんは、子供さん、お孫さんとのすばらしい時間を

長く長く過ごすことができたことだろうと思うと、まったく言葉がない。

加害者が一瞬のミスで起こした今回の事故、あまりにも甚大な悲劇を残してしまった。

おまけに加害者は事故直後自らを守るために極めて重大なウソをついた。

加害者この女、到底許せない!!

検察が加害者の虚偽の発言含め、厳しく対処し、一刻も早く起訴することを切に願う。

とともに、今後の推移を見守りながら、適切なタイミングで刑事裁判、民事裁判を傍聴し

事態の展開を見守っていきたい。

« 朗読の会公演 | トップページ | 久しぶりに市議会傍聴 »

コメント

私も今月17日に、熱海で仲澤さんにお会いしてきました。
ファミレスで話を聞き、さっそくその場でT弁護士に電話して、仲澤さんとアポ取れるようにしました。

T弁護士、頑張ってくれるでしょう

ラスカルさん

コメント、ありがとうございます。
T弁護士、間違いなく、頑張ってくれます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朗読の会公演 | トップページ | 久しぶりに市議会傍聴 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト