« 英語講座「キャッシュレス社会へ」 | トップページ | 昨日朝の話 »

2019年7月21日 (日)

大学の寮の仲間の懇親会

年4回やっている大学の教養時代を同じ寮で過ごした仲間たちとの

懇親会が一昨日あった。

かつては夜やってたが全員リタイアした今は12時から。

場所は毎回同じ、有楽町の帝劇地下の大学のクラブ。

今回集まったのは6人。1年先輩2人と同期4人。

やりはじめて15年くらいになる。

ボクは万年幹事。

幹事と言ってもやることは、メーリングリストに開催通知を送ることと

当日の弁当と飲み物の手配だけ。

大学は神戸大学経済学部、入学したのは1962年。

ということは、みんなと初めて会ったのは57年前。

半世紀を超す付き合い。

寮は教養課程があった姫路。

神戸近郊の自宅通学のできる連中は神戸にあった学校に通っていた。

寮費は住んで朝夜食事付きで月3千円だった。

お金のなかった我が家ではオフクロが「幼稚園より安い」と喜んでいたのを

覚えている。

夏休みほか帰省は3時間くらいかけて姫路から倉敷まで普通電車で帰っていた。

仲間は四国、九州、中国地方と田舎の出身者ばかり。

寮では方言が飛び交っていた。

寮の部屋は12畳で6人。

1寮から6寮までの2階建て。旧制姫路高校の寮だったため、古くて汚かった。

食事は、まづかった。風呂には垢が浮いていて、60年近く前とは言え、食住環境は

厳しかったが、当時は気にはならなかった。

そういう中で、共に青春を謳歌した75歳を超えた仲間が年4回集い、ワイワイ

やっているこの集まり、皆心待ちにして、楽しんでいる。

毎回、誰かが紙を用意しスピーチをすることが慣例になっている。

今回は1年先輩のSさん。

スピーチのテーマは「沖縄問題を2つの図書を通して考える」

参考にした書籍は「沖縄問題ーリアリズムの視点から」「内閣総理大臣の沖縄問題」

大変興味深い話であった。

娘家族が10年以上住む沖縄。配布された紙2枚、娘夫婦に渡す予定。

スピーチが終わったあと雑談し、次回10月のスピーカーと演題が決まった。

次回は1年先輩のTさんが「クラシックの聴きどころ」のテーマでやることになり、

当日はレコード鑑賞付きとのこと。

12時からはじまった懇親会が終わったのは2時半過ぎ。

終わったあと、同期のふたりが囲碁をやるということで観戦した。

ボクも何度もやったことがある。

かっては終わったらマージャンだったが、もう今やマージャンやろうという声は出ない。

この日の対戦は序盤はかなり優勢だった黒が白の反撃に合い、白のOくんが勝った。

「じゃあ、10月またね」と言い別れた。

次のブログでは寮の時代の思い出を。

« 英語講座「キャッシュレス社会へ」 | トップページ | 昨日朝の話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 英語講座「キャッシュレス社会へ」 | トップページ | 昨日朝の話 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト