« お通夜 | トップページ | 富士通株主総会 »

2019年6月23日 (日)

沖縄慰霊の日

今日6月23日は沖縄戦終結74年目の「慰霊の日」 

1945年6月23日からさかのぼること3カ月前、1945年 3月26日、

米軍は慶良間諸島に上陸した。

1945年6月23日、 日本軍の沖縄防衛司令官 牛嶋 満大将が自決し、

その死をもって、日本軍の組織的戦闘が終結した節目ととらえ、沖縄慰霊の日は

制定された。

沖縄の娘宅へ行った折、糸満市摩文仁の平和祈念公園で手を合わせたあと、

裏手にある摩文仁の丘へ上った。  

沖縄でガマと呼ぶ岩窟があり、入口に「第三十二軍司令部終焉之地」と書かれていた。 

地上戦による米軍の猛攻で沖縄の各陣地は陥落、首里にあった司令部は45年5月30日、

摩文仁のこの壕へと後退した。 

74年前の今日6月23日午前4時30分、このガマの中で牛嶋 満大将は自決し、

それを追って、他の司令部将校たちも自決、日本軍の組織的な戦いは終わり、沖縄戦は

終結した。 

このことから、今日6月23日を沖縄では「慰霊の日」と定めている。 

Cimg0924
ガマの近くには第三十二軍司令部慰霊碑「勇魂の碑」が建てられている。 

Cimg0939

沖縄住民の4人に1人が沖縄戦で亡くなり、12万2千有余の方々が犠牲になられた。 

人の愚かさではじまり、愚かさで続け、愚かさを悔い、終わる戦争・・・  

あれから74年。 

沖縄では慰霊の日は学校はお休み。

いまや沖縄戦を体験された方たちは県民の1割になっている。 

この先、凄惨、悲惨な体験がどのようにして語り継がれていくのか・・・  

慰霊の日を迎えるにあたり、今年もまた沖縄戦への想いが語り継がれていくことを願うばかり。

« お通夜 | トップページ | 富士通株主総会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お通夜 | トップページ | 富士通株主総会 »