« 郷里倉敷へ帰省① | トップページ | 楽しかった会食 »

2019年4月19日 (金)

郷里倉敷に帰省 ②

妹宅に3泊した間、妹が桜の名所あちこちに連れて行ってくれた。

先ず、妹宅から歩いて20分くらいのスポーツ公園。

いずれも大きな樹で立派な枝ぶりと満開の桜を堪能した。

     Img_1173-3 

次の日、酒津(さかず)という桜の名所に。

酒津は思い出深い場所。

周囲に桜が植わっている大きな池があり、この池に泳ぎに行くため、

夏休みには毎日のようにオフクロがバスに子供たち3人を乗せて

連れて行ってくれた。

子供たちが池で遊んでいる間、オフクロは桜の木の下に座り

待っていてくれた。

60年以上経った今でも、その光景が目に浮かぶ。

Img_1167-3

酒津は近くの高梁川という大きな川から樋を通して水を池に取り込み

池から市内の川に流し出し、田んぼの用水ほかに使われていた。

池には2つの樋がある。

上の写真の正面は、高梁川から池に取り込む通称7つ樋、下は池から市内に

流し出す15樋。

Img_1186-1_1

Img_1183-3

特に下の写真の15樋には懐かしい思い出がある。

ここには、かんなぎと呼ぶウナギの稚魚がいて、それを捕まえるのが楽しかった。

川ならびに周辺の風景は60年以上前とまったく変わっていない。

妹と池の周りの桜並木を時間をかけてゆっくり歩いた。

Img_1179-1_3  

Img_1176-7_1

 

 

« 郷里倉敷へ帰省① | トップページ | 楽しかった会食 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 郷里倉敷へ帰省① | トップページ | 楽しかった会食 »