« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月29日 (月)

横浜ブラブラ

以前にも行ったことのある横浜の神奈川近代文学館で「松本清張特別展」を

開催しているとの案内メールをもらい、昨日行ってきた。

好天でもあるし文学館に行くのであれば、少々時期は早いが港の見える丘公園で

バラが楽しめるのでは、ついでに元町を歩き、他に行きたいところもあるしと思い

珍しく朝8時半に家を出た。

元町・中華街駅を降りて、アメリカ山公園から散策スタート。

アメリカ山公園を抜けて、外人墓地へ。遠くに富士山。

Img_1248-1  

Img_1249-1

外人墓地から10分ほど歩いて近代文学館へ。

Img_1251-1

松本清張展は期待に違わなかった。

若い人にはあまり馴染みがないかもしれないが、ボクが清張にはまったのは

高校生だった1960年ころ。受験勉強で親はとても本を買ってくれないので

図書館で借りてきて、秘かにたくさんの作品を読んだ。

展示で見たら、まさにこれが清張代表作と言える「ゼロの焦点」「点と線」

「眼の壁」などは1958年前後の作品。

ということは、世に出て間もない時期に多くの作品を読んでいたことになる。

その後もたくさんの著作があり、映画やテレビで放映されたものも数多くある。

あらためて、図書館で借りてきて読み直そうと思った。

文学館のあと、港の見える丘公園の花々を楽しんだ。

Img_1257-3

Img_1261-1

Img_1262-1

港の見える丘公園を出たあと、久しぶりに元町ショッピングストリートを歩いた。

途中、ショッピングストリートを左折して、娘の通った大学、フェリス女学院へ。

大学は中高とともに教会や大きな瀟洒な家が立ち並ぶ一角にある。

自分で行きたいと決めて行った学校だった。

元町や中華街、港の見える丘公園からも近く、きっとカレッジライフを楽しんだ

ことだろうと思いながら近くを散策した。

Cimg9726

帰宅したのは6時ころ。帰ってスマフォの歩数を見たら、13,500歩。

心地良く疲れ、昨夜はぐっすり爆睡した。

 

2019年4月25日 (木)

東京高裁傍聴

昨日、知り合いの第1回控訴審法廷を東京高裁で傍聴した。

裁判をおこしたのは地元横須賀の女性。

ボクは買い物の帰り、ときどき横須賀地裁に寄り、そのとき興味深い裁判が

行われていれば裁判を傍聴することがある。

この女性Sさんの裁判を初めて傍聴したのは半年以上前。

事案は小学生のお嬢さんの歯科治療を行った歯科医の治療に納得がいかず

大変難しいと言われる医療裁判に挑んだ。

横須賀地裁の一審では敢え無く敗訴。

Sさんは納得できず、東京高裁に控訴し、昨日はその第1回目の法廷。

申立てに対し、裁判官の対応はとても納得がいくものではなかった。

最後に裁判官は、次回期日を5月末と指定、そこで判決を言い渡すとし

審議は10分程度で終了。

終わって、ふたりで裁判所の食堂でお昼を食べながら「解ってくれない

悔しい!」との思いをぶちまけた。

Sさんはこれまで弁護士の支援をほとんど受けることなく、ひとりで

難しい歯科医療問題に挑んできた。

彼女は最後に「次回最終法廷で裁判所はおそらく申立て却下で終わらせる

ことでしょう。そのことは覚悟している。そうなったあと、歯科医療問題に対し

何か出来ることはないですか?ここまで必死に独りで頑張ってきたことを

無駄にしたくない。同じような苦しみを経験しているお母さん方の助けになる

ことをやりたい」と。

彼女の問いかけに、以下答えた。

「あなたも見てくれている横須賀市民オンブズマンのホームページでも

何度か書いたことがある新聞記者会見をやってはどう?そのアレンジは

市役所の広報課を通じてできる。広報が新聞各社に会見主旨をまとめた紙を

配布してくれて、会見日が決まる。重要なことは、記者が興味を持ち

話を聴きたい、記事にしたいと思う紙をいかにうまくまとめるか。

配布する紙で集まってくる新聞各社の数や当日会見で出てくる質問、

翌日の新聞記事の内容も決まる。同じような経験、苦しみを味わっている

お母さん方の助けになるような記事にしよう。特に記事の見出しになる

キャッチコピーが重要。文案ができたらメールして」とアドバイスした。

彼女だったら世の中に警鐘を鳴らすことができる対応は可能だと思う。

お昼を食べたあと彼女と別れ、久しぶりにきた東京高裁なので、興味が

ありそうな刑事裁判をふたつ傍聴した。

ひとつは、交通事故過失運転致死傷事件。

もうひとつは、覚せい剤事件。

覚せい剤犯の事件は、現在50歳くらいテニスコーチを生業としており

一時期有望なプロテニスプレイヤーになるのではと目されていた男の事件。

過去2度薬物犯で逮捕され、今回が3度目。しかも執行猶予中の再犯。

妻には離婚され、3人の子たちの親権は妻。

検察官は社会的制裁を受け、家族を崩壊させてしまい、更生の機会があった

にも拘わらず、またもやの再犯、常習性、薬物親和性は異常なものがあり

今後も再犯の危険性は高い故、2年の実刑を求めると述べ、弁論を終えた。

裁判長が判決日、5月15日と申し渡し、審理終了。

薬物事件の法廷はこれまでも傍聴したことがあるが、これまでで最悪。

あわせて薬物依存から抜けられない怖さを強烈に感じた。

2019年4月20日 (土)

楽しかった会食

火曜日、かつての職場の仲間がアレンジしてくれて、久しぶりにみんなで会食。

考えてみれば、職場が一緒だったのは40年近く前、課長になったころ。

指定された場所は銀座5丁目。

場所に自信がなく、出かける前カミサンが「あなたは会合に遅れる常習犯だから」

と言い、iPadで店の場所の地図を出して、有楽町からの行き方を示してくれた。

が、途中間違えたようで会食場所に着いたのは10分遅れ。

20名近くの参加者全員集まっていて、最年長のボクの乾杯の音頭を待ってくれて

いたところに到着。

気まずい思いで、謝りながら、会はスタート。

Photo_3  

久しぶりの再会であったため、各自近況報告。

最もびっくりしたのは、入社したとき同じ課に配属されたM君が

58歳になったと聞いたこと。

ボクが76歳になったのも、さもありなんと思った。

皆さん、それぞれのペースで健やかに日々過ごされている様子を聞き

長い時を経てもこんなにすばらしい仲間の集まりが続けられることに

あらためてうれしく思った。

さすが、銀座、こんな粋なはからいも。

Wine

 

 

2019年4月19日 (金)

郷里倉敷に帰省 ②

妹宅に3泊した間、妹が桜の名所あちこちに連れて行ってくれた。

先ず、妹宅から歩いて20分くらいのスポーツ公園。

いずれも大きな樹で立派な枝ぶりと満開の桜を堪能した。

     Img_1173-3 

次の日、酒津(さかず)という桜の名所に。

酒津は思い出深い場所。

周囲に桜が植わっている大きな池があり、この池に泳ぎに行くため、

夏休みには毎日のようにオフクロがバスに子供たち3人を乗せて

連れて行ってくれた。

子供たちが池で遊んでいる間、オフクロは桜の木の下に座り

待っていてくれた。

60年以上経った今でも、その光景が目に浮かぶ。

Img_1167-3

酒津は近くの高梁川という大きな川から樋を通して水を池に取り込み

池から市内の川に流し出し、田んぼの用水ほかに使われていた。

池には2つの樋がある。

上の写真の正面は、高梁川から池に取り込む通称7つ樋、下は池から市内に

流し出す15樋。

Img_1186-1_1

Img_1183-3

特に下の写真の15樋には懐かしい思い出がある。

ここには、かんなぎと呼ぶウナギの稚魚がいて、それを捕まえるのが楽しかった。

川ならびに周辺の風景は60年以上前とまったく変わっていない。

妹と池の周りの桜並木を時間をかけてゆっくり歩いた。

Img_1179-1_3  

Img_1176-7_1

 

 

2019年4月16日 (火)

郷里倉敷へ帰省①

先週3泊4日で倉敷に帰省。

生まれ育った町倉敷、両親は他界し、弟と妹家族がいる。

今回帰省したのは法事に参列するため。

法事のあと弟宅から車で5分少々の墓へ参った。

帰省していた間、桜がまさに満開、散る前の最高の時期だった。

4か所連れて行ってもらったが、どこも満開の桜を思う存分満喫した。

下の写真は、お墓の傍の桜並木で、弟の娘家族と撮った1枚。

法事のとき以外は会うこともないが、弟の娘夫婦とはウマが合い

会えばいつもワイワイ盛り上がる。

Img_41665thumb1

帰省した折はいつも妹宅に泊めてもらい、毎回妹があちこちに連れて

行ってくれる。

今回もあちこち連れて行ってくれた。

桜の名所、墓参り2カ所、それにふたりが卒業した中学校。

久しぶりに行った中学校、とても懐かしかった。

もちろん校舎は建て替えられているものの、通っていた60年以上前と

変わっていない。

昔と同じ場所にある図書館。

その前に書かれている校訓、思わず校歌を口ずさんだ。

Img_1170-1 

妹にお墓2カ所に連れて行ってもらった。

先ず、妹の家族の墓。

4月8日、ちょうどこの日はお釈迦様の花まつり、墓参りのあと住職に

お会いし甘茶をいただき、しばらく立ち話。

このお寺さんはカミサンの家族の菩提寺でもある。

そのあと、倉敷に移動。

昨年、川が氾濫し洪水になり、全国的にその名が知られた真備町にある

オフクロの先祖墓にお参りした。

Mabicho-otera

ここでも甘茶がふるまわれた。

この墓にはオフクロの両親が眠っている。

右の小さなお墓は小さいとき亡くなったオフクロの妹の墓。

Img_1195-1  

墓参りした帰り道、行きつけの焼肉屋に寄り、この日の一日が終わった。

 

2019年4月14日 (日)

出陣式

統一地方選挙は前半の県知事、県議会議員選挙が終わり、1週間後の

21日は全国の市議会議員選挙が行われる。

今日は選挙前の最後の日曜日。知り合いの横須賀市議会議員3名から

出陣式の案内をもらい、今日そのうちのひとり、青木哲正さんの出陣式に

参加した。

青木さん宅は我が家から車で20分くらい。

出陣式は自宅近くの広場で行われた。

青木さんとはお付き合いをはじめてもう5年以上になる。

バランス感覚のとれたすばらしい方で、弱者の目線でものを見ることができる

とともに社会を俯瞰的にとらえることでは40人の議員の中でピカイチ。

議員の尺度をみる上で、ポイントのひとつと言える条例制定でも、これまで

先頭に立ってさまざまな条例の制定に携わってこられた。

主なるものは空き家管理条例、給食条例、ガン克服条例、ゴミ屋敷条例など。

ボクは犯罪被害者条例を制定したく、青木さんと何度も議論したことがある。

そのような関わりのある青木さんなので、何をおいてもとの思いで

今日の出陣式に参加し、他の参加者とともに40人の議員の中トップ当選する

ことを祈願した。

決起大会には、横須賀で生まれ育った小泉進次郎衆議院議員が駆け付け

応援演説を行った。

Img_1211-1

参加者の大きな拍手に迎えられ、青木さんが登壇。

4期16年を終え、次の4年間で新たにやりたいことを熱く語られた。

Img_1216-3

100人を超える参加者全員、心地良い気持ちで、出陣式はお開きとなった。

青木さんには5期目が終わったあとは、是非とも市長にと秘かに思っている。

 

2019年4月 5日 (金)

市民オンブズマン活動

地元横須賀で市民オンブズマン活動をしていることは何度か書いた。

昨日、ボクが維持管理しているオンブズマンのホームページ

http://omb-yokosuka.com/ に掲載した投稿を以下紹介。

いつも当ホームページをご覧頂き、有り難うございます。

今、県議、知事選の最中ですが、4月21日は市議会議員選挙の投票日です。

4月14日告示となりますが、当オンブズマンとしては市議選の参考資料として

現職議員の質問回数などを調べた議員評価を4月12日に当ホームページに

アップいたしますので是非ご覧ください。。

またこれを広く知って貰うために、来週のタウンニュースに市議選に向けての

意見広告を出します。

このタウンニュースの掲載料ですが、財政不如意の当会として掲載料捻出に

苦労しております。

皆さまの、ご支援を頂ければ非常に助かります。

郵便振込番号は以下の通りです。

口座番号00240-5-55396 加入者名 横須賀市民オンブズマン

また、上記に限らず、内部告発やご指摘を含め、ご意見のある方は

オンブズマン事務局までメール(pdg01521@nifty.com)でお知らせください。

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト