« 熱海にて ③ | トップページ | 怒り心頭 »

2019年3月 3日 (日)

谷戸(やと)って聞いたことありますか?①

ボクの住む横須賀では谷戸という言葉を時々聞く。

以前から、どんな地形のどんなところだろうと興味があり、谷戸歩きをしたいと思っていた。

「谷戸」をネット検索すると、

 ”谷間、湿地のこと。特に武蔵と相模で多く使われる語。同様の語として鎌倉や下総での

  やつ(谷、谷津)、東北地方や北海道で多く使われている、やち(谷地)がある”
 
市の教育委員会生涯学習課主催で「ヤト活!」という特別講座が、金曜日5回連続で

開催されるという案内を見て申し込み、参加した。

「谷戸から横須賀の魅力を学ぶ・歩く・語る」を目指した講座で、谷戸について知りたいと

思っていたボクにとっては最適のプログラム。

講座は、2月15日から3月15日まで毎週金曜日午後、全5回。募集参加者、先着25名。

金曜日だから、自ずと男性は定年退職者、それに女性。

5回のうち、4回は生涯学習センターの教室で座学、1回はフィールドワークで谷戸歩き。

参加費は50円(保険料)

願ったり叶ったりのプログラム。

まさに我が意を得たりの思いで参加した。

これまでに3回が終了。

第1回目の会場は自然・人物博物館。

博物館学芸員と共に館内ミニツアー。横須賀の歴史・自然再発見。

そのあと、5グループに分かれ、我が街横須賀について各自のイメージと印象を述べ合い

各自の持つ谷戸のイメージをワイワイ。

第2回目は「地元の人から聞く、谷戸のまち今昔物語」

で、第3回目は一昨日、3月1日、いよいよフィールドワークで谷戸歩きを体感した。

プログラムは、「山と谷、どちらを歩く?」 ボクはもちろん山歩きグループに。

家を出て、着くまでで、スマフォの歩数計 1万1千超。

山歩き体感については、次回 ②で紹介。

因みに、第4回は「ピンチはチャンス 今なぜ山の上?」

第5回は「ワイワイ語ろう これからの”ヤト活”」と続き、5回の講習会は終了する。

« 熱海にて ③ | トップページ | 怒り心頭 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 熱海にて ③ | トップページ | 怒り心頭 »