« テニスクラブ総会 | トップページ | 浦賀散策、大満足 »

2019年2月 3日 (日)

倫理観

NHKのビジネス英語講座、時間があれば、週3回15分づつ、それに土曜日3回まとめた

再放送を聴いている。

先々週、先週2週続けての話題は「倫理観」

平素あまり考えたことのないテーマ。

登場人物のひとりの女性アリスが事務所の仲間との会話で取り上げた話からストーリーは

はじまった。

そのストーリーは、乗ったタクシーの後部座席でスマートフォンを見つけたことからはじまり

倫理的ジレンマについて、皆で意見を言い合っている。

アリスはスマフォの持ち主の連絡先リストに登録されていたひとりに事の次第を話し、

持ち主に連絡して欲しい旨頼んだ。

アリスは持ち主から電話をもらい、ふたりは会うことになり、会った持ち主はスマフォが

戻ってきたことを喜び、かなりの額の謝礼金を払うことを申し出た。

アリスは、ご厚意はうれしいが、お礼のお金はいりませんと言い、申入れを断った。

このあと、仲間みんなで各自意見を言い合うというストーリー。

お金を受け取るべきだったという人、お礼は固辞すべきだという人、ふさわしい金額を

慈善活動に寄付してはと働きかけてはどうかと言う人・・・

話題は倫理観に発展していく。

職場の仲間の中にひとり日本人役がいて、彼に「日本ではどう対応するだろうか」と問う。

彼は「日本では拾得物に対しては、その金銭的価値の5~20%を受け取る法的権利が

ある」と答えた。(ボクはこのことは知らなかった)

話は発展し、日本では取引先に贈り物をする習慣があること、便益のお返しに贈り物を

することがあることも話題となった。

そこからさらに話は発展し、日本に限ることなく起きる賄賂、汚職、腐敗が話題に。

すべて倫理観にもとずく話であり、大いに興味深いやりとりだった。

テキストには対訳が出ていて、上記は対訳を参考にし書いた。

« テニスクラブ総会 | トップページ | 浦賀散策、大満足 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« テニスクラブ総会 | トップページ | 浦賀散策、大満足 »