« スマホ依存症 | トップページ | 犯罪被害者週間 全国大会  »

2018年11月23日 (金)

大井川鉄道 日帰り旅

しばらく前テレビで、静岡県の大井川鉄道に乗って沿線を楽しみ、寸又峡温泉を訪ねる 

という番組を観て、野趣あふれる寸又峡に行きたくなった。 

一昨日、好天に誘われ、遠いのは覚悟の上で、ひとりで寸又峡に行くことにした。 

大井川鉄道は、沿線にある長島ダムを見たくて、数年前一度乗ったことがある。 

東海道線で大井川鉄道の始発駅の金谷まで行った。 

大井川鉄道の観光案内所が金谷駅にあることを覚えていて、寸又峡について尋ねる 

ため先ず案内所に寄った。 

このとき既に12時。 

案内所の係の人から「電車の本数が少ないので今から寸又峡に行き、観て回っていたら 

帰りの電車に乗れない可能性がある」とアドバイスされた。 

たまたま案内所にはボクより前にいろいろ尋ねていた女性がいて、ふたりの話を 

聞いていると、金谷と寸又峡の中間の塩郷というところにある塩郷の吊橋を観に行く 

とのこと。塩郷までは30分くらい。 

塩郷の吊橋もお勧めとの案内所の人の話。であれば、寸又峡行きは諦め、彼女に 

ついて行って、塩郷の吊橋を観に行きたいと思い「ご一緒していいですか?」と彼女に 

尋ねると「どうぞ、どうぞ」とのことで、ここから独り旅が同行旅になった。 

お昼どきで、案内所の人にお昼を食べられるところを聞くと「ここよりとなりの新金谷駅 

まで歩いて、新金谷で食べては」 

新金谷まで歩いて20分くらいということで、ふたりでぶらぶら歩いて新金谷駅まで。 

Img_0895
駅前には、食事ができそうな店が見当たらず、近くにあったスーパーでおにぎりセットを

買って、駅前のベンチに座りお昼を。 

おしゃべりが弾んだ。 

彼女は浜松から来ていて、22歳、仕事はネイリストと自己紹介してくれた。 

爪を見せてと言うと見せてくれた。 

へー、こういう仕事があるんだ、じいさんはびっくり。 

将来は自分の店を持ちたい、と熱く語っていた。 

Img_0894
電車を1時間近く待って、目指す塩郷まで。 

塩郷駅を降りて数分で吊橋へ。 

吊橋は川幅の広い大井川に架かっていて、高くて長く、ちょっと怖かった。 

Img_0904_2_2

橋を渡ったあと、歩きながら、若い女の子だから付き合っている男の子の話が少々。 

吊橋を渡った近くにこんな場所があり、彼女は心を込めて鐘を鳴らしていた。 

Img_0905_2_2
途中、農家が道の脇に置いていた野菜の即売があり、置いてあったポットに300円 

入れて、柿を5つ買った。 

吊橋を渡って戻り、暮れなづむ無人の塩郷駅のホームでパチリ。 

Img_0908

Img_0907
帰りの電車ではふたりとも、ぐっすり。 

独り旅が、名前も聞かなかった彼女と一緒の楽しい旅になった。

« スマホ依存症 | トップページ | 犯罪被害者週間 全国大会  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スマホ依存症 | トップページ | 犯罪被害者週間 全国大会  »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト