« 楽しい一泊旅行だった ③ | トップページ | テニスクラブの秋季大会 »

2018年10月15日 (月)

20年ぶりの再会

知り合いから案内をもらい、土曜日「主権者と立憲民主神奈川との対話集会」に参加した。

2部構成。

第1部は「参加者と語り合う安倍政権ストップのための意識共有と野党共闘と市民連携を

求めるための具体論」

第2部は「阿部知子立憲民主党神奈川代表との対話、パネル討論形式」

ぜひ参加したいと思ったのは、久しぶりに阿部とも子さんに会えるため。

阿部さんは藤沢市を中心とする神奈川12区選出の立憲民主党衆議院議員。

2000年に初当選、以来当選7回のベテラン議員で、東京大学医学部卒、小児科医師。

民進党の政調会長時代には毎週のように、日曜日朝NHKでやっている日曜討論で

党の代表としてテレビに出演し発言されていた。

個人的には20年くらい前、当時勤務されていた大船の病院に、ある用件で夫婦で訪ね

お話ししたことがある。

当日は第一部1時間、第二部1時間15分。阿部さんは第二部に参加。

第一部の討論の時間、ボクもいろいろ意見を述べた。

先日の新聞で報道された、立憲民主党と国民民主党それに連合が、来年の参議院

議員選挙に向けて取り交わしたとされる覚書からはじめ、野党がまとまるためには

何でもするとの決意と覚悟が必要であると述べた。

間もなく、拍手で迎えられ、阿部とも子さんが会場へ。

「お久しぶりです」とお互いに挨拶し、名刺交換。

阿部さんが登壇し、会場はぐっとしまった。

最近の国会情勢からはじまり、野党のまとまりが重要なこと、県内情勢ほかが

語られた。

会場から意見をとのことで、ボクは以下述べた。

「過去の恩讐を超えて、党利党略、私利私欲を抑えて、野党が一丸になることが

国民の望むところ」

「それは先月行われた自民党総裁選の地方会員の投票傾向、沖縄の知事選の

投票結果が如実に示している」

「過去30年間でこれほど政権に対峙する野党勢力を国民が待望する時期はなかった

のでは。期待に背かないよう、野党一丸となって来年の参議院選、その前4月にある

統一地方選挙に向けて強い野党勢力を作っていただきたい。現政権の対抗軸を

希求している国民は野党の動きを見て投票態度を決める」

阿部さんは講演が終わったあと壇上から降りてきて、あらためて握手。

近くにいた知り合いの市会議員が「おふたりの写真を撮りましょう」と言って撮って

くれた写真。

久しぶりに会い、ふたりとも、とてもいい笑顔。

Img_0825

« 楽しい一泊旅行だった ③ | トップページ | テニスクラブの秋季大会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽しい一泊旅行だった ③ | トップページ | テニスクラブの秋季大会 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト