« ブログ記念日 | トップページ | 議員定数1減で合意した横須賀市議会 »

2018年9月18日 (火)

ラジオ英語講座「セクハラ対策の刷新」

時間がある限り水木金の週3回プラス土曜日の3回まとめを聴いているNHKラジオの 

実践ビジネス英語講座、先々週と先週のテーマは「セクハラ対策を刷新する」 

セクハラ被害を告発する#Me Too運動が欧米で高まり、セクハラに世の中の注目が 

集まっている昨今、まさに時機を得たテーマで、興味深く聴いた。 

欧米の企業は一般的にセクハラには厳しく対処し、セクハラがあったと認められた 

場合には、即解雇ということもある。 

女性からセクハラの訴えが出され、それを認めた場合、2つの選択肢が求められる 

ケースが珍しくないとのこと。 

 ①ただちに私物をまとめ、ビルから撤去し、2度とここに戻らないこと 

 ②不当解雇で会社を訴えること 

講座の舞台となっている会社では、セクハラ対策に関するハンドブックを刷新し、 

弁護士や外部の専門家を招き研修会を開き、以下のようなことを学習した。 

 ①セクハラの申し出があったとき、とるべき調査方法を明文化すること 

 ②従業員はセクハラの懸念があれば、自分の上司か人事担当に報告する義務が 

   あることを自覚しておくこと 

 ③経営陣はすべての苦情を真摯に受け止め、徹底的に調査すること 

会話の中では、実際にどのようなことがハラスメントとみなされるのか、容認できない 

そのような行為をどのように報告するのかに議論が集中した。 

ハラスメントを防ぐためには、ジェンダーや性的指向に関係なく従業員が敬意を払われ

対等に扱われる職場文化を会社は作らなければならないとの意見が出た。 

問題のない行為と問題のある行為をどこで線引きするのか、それはかなり主観的な 

もので、状況次第、当事者次第だと思うという意見に対しても、いろいろ追加、補足する

コメントが出た。 

最近の講座テーマの中で最も興味を引いた話題だった。

« ブログ記念日 | トップページ | 議員定数1減で合意した横須賀市議会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブログ記念日 | トップページ | 議員定数1減で合意した横須賀市議会 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト