« セミナ「メンズヘルス外来について」 | トップページ | お施餓鬼法要 »

2018年7月29日 (日)

講演「日本の心・抑制の美」

地元のコミュニティ センターで行われた元NHKアナウンサーの杉山邦博さんの講演を

聴きに行った。

地域でやっている「社会を明るくする運動」に招かれ「日本の心・抑制の美」をテーマに

杉山さんは2時間講演された。

「社会を明るくする運動」講演会には初めて参加したが、今回が68回目の講演会

とのこと。長い間、地道な活動をされている事務局関係者の皆さまに心から感謝。

さすが、元アナウンサー、88歳の歳を感じさせない迫力と説得力で2時間話され

200人以上の聴衆はその話に引き込まれた。

演壇にはあまり立つことなく、演壇から降りて前方席の前に立ち、マイクを持って

ときどき会場を回り、とても88歳と思えない立ち振る舞いに魅了された。

定年退職後、多くのセミナー、講演会に参加したが、その中で文句なしにベスト。

話はテーマである「日本の心・抑制の美」からはじまり、杉山さんがNHK在勤中長い間

携わってこられた大相撲にまつわる話に多くの時間が割かれた。

冒頭、白板に「潔さ」「抑制の美」と書かれた。

その例として小錦の話がいろいろ出た。特に小錦が東北、阪神淡路大震災でいかに

被害者の方々に寄り添ってきたかが語られた。

その他、さまざまなボランティア活動に触れ「家族を大切にしない人はボランティアを

語る資格なし」と。

先代若乃花とは酒を酌み交わした仲、白鵬とも昵懇であることなども話題になった。

放送の実況に関わっていた栃若時代、その前の双葉山が69連勝の末、安芸の海に

敗れた取り組みなどが熱く語られた。

最近の相撲では、白鵬の連勝を63で終わらせた稀勢の里戦をまるで両者の取り口を

実況で聴いているように克明に語り、88歳、まったく衰えずとの力強さを感じた。

最後に「出会いは人生の道しるべ」と。

終わったあと、拍手鳴りやまず、しかも何度も。

少しでも、杉山さんの生き方に近づければいいなぁ、と思いながら会場を後にした。

« セミナ「メンズヘルス外来について」 | トップページ | お施餓鬼法要 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« セミナ「メンズヘルス外来について」 | トップページ | お施餓鬼法要 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト