« 映画「30年後の同窓会」 | トップページ | 高校同期会 »

2018年6月27日 (水)

この時期恒例

月曜日、富士通の株主総会に参加した。

定年する前はまったく縁のなかった自社 富士通の株主総会、定年退職して以降

毎年出席している。

場所は毎年同じ新横浜プリンスホテル。

それに、これも恒例になった、かつての職場の仲間の女性のTさんが早めに行って席を

取ってくれた。今年は大きなメイン会場の前から2列目の真ん中を取ってくれていた。

今年の株主総会は第118回目とのこと。

その昔はどうであったか知らないし、事業体も大きく推移し、もしその間ずっと年1回

開催されていたのであれば、118回ということは、その始まりは明治の後半なのだろう。

式次第は例年と変わらず。

冒頭、17年度の決算が報告された。

連結決算ベースで、17年度売上収益は前年比プラス345億円で4兆円を超えた。

1兆円企業になることが目標だったのはいつ頃だったろう。15年くらい前かな。

かつての目標の4倍の売上規模に成長した。

当期利益は、前年を800億円上回り、ほぼ倍増の1700億円。

自己資本比率も7.2%上昇し、34.8%となり、財務体質も大幅に改善した。

すべてが好決算である。

という中で、今年も「対処する課題」が説明された。

施策のキャッチフレーズは「ビジネスモデル改革。”形”を変える。”質”を変える」

具体的には、

 ・強みの「通信と情報の一層の融合」

 ・グローバルビジネスの更なる強化

 ・お客様本業分野への深耕

 ・新たなビジネスモデルの創出

株主還元としては、これまで比較的渋かった配当の増額、および自社株買い。

全体的に心地良い話が例年以上に多く出た株主総会であった。

終わったあと、これまた恒例になった製品や技術の紹介コーナーを観に行った。

展示説明の中で興味を持ったのは、ふたつ。

 ① 国連が提唱し,世界中で動きが起きているSDGsに向けた活動の志向。

  SDGs《Sustainable Development Goals》持続可能な開発目標。

    ビジネスに結びつけていくには、まだまだ時間がかかることであろう。

  ただ、企業としては先を見据えて追っかけなければならないテーマであることは

  間違いなさそうである。来年の展示での進展を期待したい。

Img_0671
  ② 新しい方向を模索するAIベースの翻訳システム

Img_0668
展示のキャッチコピーに惹かれて説明を聴いた。

是非とも「形」にして欲しい。

終わったあと、一緒に行ったTさんとお昼を。

今年もまた、長崎ちゃんぽん「リンガーハット」

カミサンもTさんを知っていて「リンガーハットでなく、もっと美味しいものをご馳走して

あげて」と今年も言われたが、ふたりで「美味しいよね」と言いながらリンガーハットへ。

« 映画「30年後の同窓会」 | トップページ | 高校同期会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「30年後の同窓会」 | トップページ | 高校同期会 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト