« カンヌ映画祭 | トップページ | またまた映画2本 »

2018年5月29日 (火)

心に沁みた歌10首(3)

 *子を思い押されるようにデモに来たと夜の公園のママと赤ちゃん

 *不幸では決してないけど不運だよさびしく笑う膵癌(すいがん)の夫

 *共に病む身を庇い合い歩みきし深まる秋を惜しむかに似て

 *父逝きて三年動き今朝止まる不意に形見となる腕時計

 *延命の治療は絶対しないでね又聞き流し落葉を鳴らす

 *泥葱の束を洗へば真白なる光の中に亡き母は見ゆ

 *子宝の願掛け札をいまだ持つ失意の日々も我の日々なり

 *ほんとうは知っているかも何もかも日なたぼこする母の横顔

 *車窓から「宿題したのか!」浜に怒鳴り島のタクシーたくましき母

 *(こいのもり)言ってた二歳が三人の家族写真にママとして居る

« カンヌ映画祭 | トップページ | またまた映画2本 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カンヌ映画祭 | トップページ | またまた映画2本 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト