« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月25日 (水)

市議会報告会

日曜日、横須賀市議主催の議会報告会に参加した。

年2回やっているとのことだが、参加したのは今回初めて。

出席議員は14名、うち懇意な議員3名、顔と名前の一致する議員も何人かいた。

第1部は議会からの報告。

先ず、今年度会計予算および市民1人当たりの一般会計予算の使いみちの報告。

人口40万人の横須賀市の予算総額は3170億円。うち約半分が一般会計予算。

市民1人当たりの一般会計予算は38万円。

うち16万円は健康・福祉費、それに教育・文化費、都市基盤費、環境費の3予算が

ほぼ同額で4万円づつ。

予算説明のあと、4つの常任委員会の活動が主なる事業を中心に説明された。

それに追加して、中学校完全給食実施検討委員会とごみ屋敷対策検討協議会の

活動が紹介された。

説明が終わったあと、参加者から質問、疑問、指摘を述べる時間が設けられた。

ボクは以下を質問した。

「40万都市横須賀、課題や取り組むテーマはたくさんあるだろうが、ひとつテーマに

挙がっていない重要な課題があるのでは。それは人口減少問題。数年前、横須賀は

転出者数が転入者数を日本一上回った町として、全国的に話題となった。

人口減少問題をどの常任委員会でも取り組んでいないことに違和感を感じる。

数年前まで人口数が拮抗していた藤沢市の人口は43万人を超えたとの新聞報道を

最近見た。ぜひ人口減少問題をいずれかの常任委員会で取り上げて欲しい」

これに対して、「もっともなご意見。ただ市全体の課題であるため、今の枠組みの

4つの常任委員会に入れ込むのは少々難しい」

追加で指摘した。

「であれば、給食やごみ屋敷同様に特別委員会にすればいいのでは。あるいは

市全体で取り組むべきテーマなので、委員会を横断して検討するような仕組みを

作ってはどうか。それほど人口減少問題は重要な課題であると認識している」

最終的に「検討します」と議員団は引き取った。

第2部は、参加者が6~7人のグループに分かれ、各グループに市議が2人づつ入った

グループディスカッションを行った。テーマは「横須賀を魅力的なまちにするには」

ボクは以下の意見を述べて、グループメンバーでディスカッションした。

「7年~8年前まで横須賀港から九州の宮崎まで行く連絡船が出ていた。

乗りたいと思い探したが、今は廃止になっている。復活させるべきだと思う。

こちらから九州に行く人が増えるだけでなく、九州から横須賀経由で関東に来る人が

増えるはず。復活させれば、横須賀を魅力的な町にする一助となるはず」

これに対し同じグループの市議から「以前は民間で運営していたが、市が乗り出して

運行を再開することを検討してはとの話を聞いたことがある」

「是非、市にハッパをかけて再開させて欲しい。開通したら即乗ることを約束する」

で話は終わった。

市議主催の議会報告会は年2回やっているそうで、次回もぜひ出たい。

2018年4月19日 (木)

感謝・感激

テニスコートの仲間の女性が「これ興味ない?ワンコインらしいよ」と言い、演奏会の 

パンフレットを渡してくれた。 

コンサートは、第35回合唱と管弦楽のための組曲「横須賀」演奏会。 

場所はよこすか芸術劇場。 

音響効果のすばらしい大きな本格的なホールであることは、以前行ったことが 

あるので知っていた。 

日曜日午後、演奏会の会場へ。 

会場に着いたのは開演まぎわ、それに前売りチケットを買うのを忘れていたため、 

少々あわてた。 

残った席が少なく、前から2列目の右に席が取れた。 

演奏する人たちを近くでじっくり観ることができ、悪い席ではなかった。 

2部構成で、第1部はチャイコフスキーの「眠れる森の美女」とボロディンの 

歌劇「イーゴリ公」 

第2部は合唱と管弦楽のための組曲「横須賀」、それと横須賀市歌の合唱。 

組曲「横須賀」、横須賀市歌はどちらも作曲 團伊玖魔、市歌の作詞は堀口大學。 

第1部、指揮者の動き、それを受けてコントラバス、バイオリンほか、たくさんの楽器

50名以上の演奏者の奏でる音に引き込まれた。

音は3階まで埋めつくされた観客に響きわたった。 

第2部では、メンバーの大半が市民の方たちで構成されているのであろう合唱団が入り 

組曲「横須賀」を聴いた。 

最後は、横須賀市歌。 

ボクは市歌を聴くのは2度目。 

昨年市長になった上地さんが市民の地元愛を醸成することを目指し、機会をとらえ、 

市民が市歌をより近いものに感じるよう、市歌の普及に努めている。

あらためて聴いた市歌には、市民がなじみの深い市内のあちこちの場所が出てきて、 

たしかに市歌が普及していけば、市民の郷土愛が深まっていくと思った。 

市歌を歌ったのは合唱団だけでなく、100人くらいの小学生が壇上の前に並び、

世界各国の旗を振りながら、大きな声で合唱してくれたのが、とっても良かった。 

横須賀の著名な場所が織り込まれ5番まである市歌を子供たちは覚えみんなで合唱。 

上地市長の思い、若い世代の郷土愛の醸成は実りつつあると感じた。 

こんな立派なすばらしいコンサートホールが我が家から遠くないところにあることに 

あらためて感激するとともに、ときには演奏会を聴きに来たいと思った。 

あわせて、横須賀に住んでいることに感謝した一日となった。

2018年4月11日 (水)

57年来の仲間たち

昨日、大学の寮の仲間の懇親会をやった。

7人が集まり、うちひとりはタイのパタヤから参加。

大学に入学したのは57年前。

そのとき初めて寮で出会った仲間たち。

ボクが定年したころだから、もう15年近く前から年に4回集まっている。

集まる場所は有楽町の帝国劇場の下にある大学のクラブ。

ボクはスタートして以来、万年幹事。

大学は本学が神戸だったが、神戸以外の地方出身者は教養課程の1年半は姫路だった。

集まった仲間は、姫路の旧制高校の寮で1年半、寝食を共にした仲間たち。

入学した1962年、当時寮費は朝夕食べて、寝起きして1日100円、月3000円。

たしか、国立大学の授業料はそのころ年6000円だった。

当時豊かでなかった我が家ではオフクロが「幼稚園より安い」と喜んでいた。

そういう時を一緒に過ごした仲間たちだから結束は固い。

昨日は12時に集まり、3時近くまでワイワイ。

定番の病気の話からはじまり、寮の時代の昔話、家族の話、最近やっていることなど

話題は尽きない。

仲間のメーリングリストを作っていて、「久しぶりに写真を撮ってみんなに今日の様子を

知らせよう」と撮った写真が↓

まあ、ジイさんばかりで面白くもどうもない写真ですがつけておきます。

Cimg0055
会合が終わったあとボクはひとりで近くにある先月オープンした東京ミッドタウン日比谷へ。

「東京ミッドタウン日比谷へ寄ってくる」と出る前カミサンに言ったら「美味しそうなパンを

買ってきて」と頼まれていたので、歩いて5分くらいの東京ミッドタウン日比谷へ。

Cimg0059
都合よく、入口を入った1階に瀟洒なパン屋があり、美味しそうなパンを買い、他はまったく

観ることなく、そのまま帰宅。

2018年4月 6日 (金)

どちらも期待通りの映画だった

また一日に2本映画を観た。

何度か行ったことのある横浜・上大岡のTOHOシネマズで、1時間少々の間隔で

両方を観ることができることをネットで見つけた。ラッキー scissors

最初に観たのは「ウインストン・チャーチル」 元題はDARKEST HOUR

本年度のアカデミー賞受賞作。

メイクアップ部門で、辻 一弘さんの栄えある受賞で話題になった作品。

作品のキャッチコピー「ヒットラーから世界を救った男」が史実に忠実に見事に

描かれていた。

攻勢一方のヒットラーの勢いを止めるため、イギリスは国を挙げて臨戦態勢にあった。

首相のチャーチルは苦悩の日々。

そのような中、作品の後半、チャーチルは戦火ロンドンの市民の声を聴きたく、

ひとりで地下鉄に乗り市民の思いを聴いた。

この場面は感動的だった。

作品紹介はこちら

1時間少々あと二本目の映画「ペンタゴン・ペーパーズ」を観た。

その前にマックでお昼。

「ウインストン・チャーチル」にも増して感動的な映画だった。

スティーヴン・スピルバーグ監督作品。

主演は大好きな女優、メリル・ストリープ、相方はトム・ハンクス。

国家の最高の機密文書「ペンタゴン・ペーパー」をめぐり、アメリカの二大紙

ワシントン ポストとニューヨークタイムズの雌雄を決するせめぎ合いが見事に

描かれていた。

報道の自由と信念をかけ奔走するワシントン・ポストの記者たちの姿に胸を打たれた。

作品紹介はこちら

2018年4月 5日 (木)

娘と孫たち

春休みで沖縄から娘が子供たちを連れてきた。 

来る前、娘から「お父さん誕生日、私がおごるから、どこかに食べに行こう」とメールが

届いた。 

カミサンは「体調がイマイチなので、残念だけど、今回はパス」 

娘が予約してくれたのは横浜駅前のシェラトンホテルのバイキング。 

昨日5時、4人で横浜高島屋の前で待ち合わせ。 

会ってすぐバイキングへ。 

制限時間、1時間半とのことで、即料理を取りに。 

いやー、4人とも時間いっぱい、前菜からデザート、飲み物とお腹いっぱい。 

食事のあと、ラウンジでワイワイ。 

我が家としては珍しく、写真をパチパチ。 

Yokohama4

Cimg0017

Img_0546

寄せ書きのカードももらった。 

Cimg0035

参加できなかったカミサンのため、3人がボクのスマフォに画像つきのビデオメッセージを

入れてくれた。 

お土産もいろいろ持ってきてくれていた。 

一番上のお茶づけは先日姉孫がリコーダーコンテストで来たときメンバーみんなと行った

ディズニーランドで買ってくれたとのこと。 

Cimg0036

娘が最近作った、と妹孫の成長の記録をまとめたアルバムを1冊おすそ分けしてくれた。 

以前も姉孫のものを作っていて、こちらはしばらく前にもらった。 

「うちでも旅行の記録、孫との思い出を同じようなアルバムにしたい」と言ったら、

「ヤフーショップで見つけたもので、帰ったらサイトアドレスを送る」と言い、早速今朝

メールが届いた。 

是非作ろう。 

形は違うが弟のかみさんが、おやじとオフクロの思い出のアルバムを創ってくれていて、

とってもいいので、ぜひ自分たちのものを創りたいと思っていたので、まさに渡りに舟。 

Cimg0033

Cimg0034_2
5時に会って、8時半すぎまでワイワイやって、横浜駅で別れた。

2018年4月 3日 (火)

熱海にて

土曜日、熱海のマンションの理事会があり出席するため、2泊で熱海に。

このマンション購入には訳があり、23年前入手。

最近は行く機会が少なくなり2か月1度開かれる理事会に出るために行っているのが実情。

温泉があり、いろいろ知り合いもいるのだが、行くのは毎回ひとりのため、しばらくいると

食事を作るのが面倒になり、横須賀に帰ってくるというパターンが定着。

「熱海に行く」とカミサンに言うと、必ず「しばらく行ってていいよ」

理事会は理事長プラス理事・監事5人構成。今年ボクは監事。

理事長を1年やったことがある。

きっとどこのマンションも同じであろうが、理事長には負担が集中し結構時間を取られ大変。

理事は5回くらいやったが、理事長に比べれば負担はずっと軽い。 

築24年のマンション。戸数は85戸。

当初はリゾートの居住者が多かったが、居住者の年齢が高齢化し、定住になってきたこと

それに若い世代の新しい居住者が増えてきていて、20数年でマンションの雰囲気は

様変わりした。

今回の理事会では、この2か月くらいの間に頻発しているトラブルへの対応が話題の

中心になった。

これも居住者の高齢化が引き起こしている問題で、解決はなかなか一筋縄ではゆかない。

熱海は山坂が多い。行くたびに、あちこちを散策する。

今回は理事会の前日、眺望の良い山の上にあるMOA美術館に久しぶりに行った。

ネットで開催されている催しをチェックすると「北斎・広重展」

以前にも類似の催しは観たことがあるが、大いに興味あり。

家から20分少々歩いて熱海駅へ。駅からバスで美術館へ。

国内、海外、あちこち美術館は行ったが、ロケーション含め、MOA美術館はトップクラス。

Img_0526
特別展

Img_0527
冨獄三十六景、東海道五十三次、どちらも全作品が展示されていた。

じっくり、ゆっくり観て回ったので、足が少々くたびれた。

山の上にある美術館からの眺望は最高。

この日は曇天で写真ではイマイチだが、遠方には初島が臨める。

Img_0531
桜もばっちり残っていて、好天だと一層のどかな春日和だったのに、残念だった。

Img_0534
帰りは、下り道なので熱海駅まで歩いた。

この日のスマフォの歩数計は1万2千歩。

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト