« 3月10日 | トップページ | キャリア官僚・ノンキャリア官僚 »

2018年3月11日 (日)

3月11日

今年も巡ってきた3月11日。  

7年前の東日本大震災直後に書いたブログを読み返した。  

地震翌日の「我が家の地震状況」からはじまり「大激震(その2)」から3月19日の 

その10まで連日書いていた。  

いろいろ思いがあったのだろう、19日に「お知らせ 2週間ほどブログを休みます」 

と書いてしばらく休み、4月9日に「ブログを休刊します」と書いたブログをアップしている 

そのブログにはこう書いている。  

  「どれくらい時間がかかるかわかりませんが、いまの大変な事態が平静を取り戻し、 

  またその気になれば、タイトルと内容を一新し、新しいブログをはじめたいと思って  

  います」  

この時の心境はよく覚えている。  

連日、新聞、テレビの報道を見聞きし、とても安穏とブログを書くなんてと強く思った。  

気持ちが落ち着いた2か月半くらい経った6月末にブログは再開している。  

時は流れたものの、被害を受けた方々の近況を観たり聴いたりするにつけ、

胸を締め付けられる思いには、今もいささかも変わりない。 

震災から4カ月後、息子の高校時代の仲間がやっていた陸前高田での震災ボランティア

活動に1週間足らずであったが、傾聴ボランティアのメンバーとして参加させてもらった。

そのときのことを書いたブログはこちら 

先日、朝聴いていたラジオでこんな話題が出ていた。  

奥野修司さんという方が書いた著作「魂でもいいから、そばにいて 3.11後の霊体験を 

聴く」が紹介されていた。  

震災で亡くなったご家族が会いに来てくれたとの不思議な体験を綴った本。  

ラジオでは、本に書かれている何人かの方が実際に体験された話が紹介されていた。 

紹介されている方々は「今まで語れなかったが、どうしても伝えたいと思い取材を受けた」  

我が家でも、突然事故で亡くなった息子が出てきてくれたことがボクだけでも3度ある。  

個人的には、無念のまま逝った人の霊を感じることは決してあり得ない話ではないと 

思っている。  

奥野さんの本は是非読みたいと思い、早速近所の行きつけの本屋に行ったが 

なかったため、取り寄せてもらっている。

« 3月10日 | トップページ | キャリア官僚・ノンキャリア官僚 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3月10日 | トップページ | キャリア官僚・ノンキャリア官僚 »