« キャリア官僚・ノンキャリア官僚 | トップページ | 妹孫向けバースデイカード »

2018年3月18日 (日)

「仮想現実と未来の旅」

毎週聴いているNHKラジオのビジネス英語の先週、今週のテーマは仮想現実

(VR:Virtual Reality)にまつわる話。

縁がないと思っていたVR、いろんな形で恩恵に与っていることをあらためて認識した。

最もVRを活用し商機のチャンスにむすびつけているのは旅行業界。

VRのおかげで、ホテルや航空会社、旅行代理店は、お客が休暇のプランを確定する前

旅行中に体験できることをその通りに、お客に見せることができる。

VRは観光業界にとって、優れたマーケティングツールになっており、また人々は自宅に

いながらにして、旅行の目的地をガイド付きで体験することができる。

VRはかなり長い間SF小説の中での話だったが、科学が小説に追いついた結果と言える。

このようなツールは、旅行業界にとってダメージがあるのでは、との議論も出ていた。

VRという意識なしで見ていたが、ボクも泊ろうかと思ったホテルのサイトを検索して、

音声ガイド付きのビデオ画像を観たことは何度もある。

今になって、あれがVRだったのかと。

テキストでは旅行業界だけでなく、ゲーム体験、言語教育、危険な機械や物質を扱う

身体的なリスクを伴う仕事などが、VRを活かせる分野として挙がっていた。

VR、えっ、それ何と思いながら聴いた講座だったが、日々の生活にじわじわ浸透して

きていることに気がついた。

気づいたということでは、6年間くらい聴いているビジネス英語講座、あらためてテキストを

見てみると、ずっと聴いている、水・木・金、週3回お昼の15分以外に、水・木・金の

朝9時15分からと、夜の11時20分からも再放送が聴けることを知った。

早速、スマフォでアラームをセットした。

時間はいっぱいある身なので、他の予定と重ならなく、その気になれば一日3回聴ける。

3回同じ内容を繰り返し聴けば、理解も一層深まる。

この話をカミサンにしたら、「スマフォのラジコのタイムフリー聴けば、いつでも聴けるよ」

うん、たしかにそれもそうだ。

« キャリア官僚・ノンキャリア官僚 | トップページ | 妹孫向けバースデイカード »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キャリア官僚・ノンキャリア官僚 | トップページ | 妹孫向けバースデイカード »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト