« それで思い出した | トップページ | 娘の帰省 »

2018年2月 9日 (金)

公開医学講座

「人間ドックにおける検査値の見方」というセミナーを聴きに行った。

講師は葉山にある、地元では名の通っているハートセンターの検診医師。

定員45名でほとんど席はいっぱい。平日でもあり、大半がシニアの男女。

画面に映し出された映像を使いかなりのスピードで人間ドック検診ならびに各検査値を

チェックするときのポイントが説明された。

いずれの検査もなじみのあるものばかり。

説明を聴いて、しばらくやっていないピロリ菌検査を次回はやった方がいいと思った。

ピロリ菌は胃粘膜にいて、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、胃がんの原因になる細菌。

糖尿病検査の項で「ヘモグロビンA1Cの自分の値を知っている人は?」との質問があり

定期検診を受けたとき一番気になる値なので、手を挙げたら、挙手したのはボクだけ。

「いくつですか?」と問われ「6.4」と返事。

「ちょっと高いですね。A1Cは検査前1~2か月の血糖値の平均値。5.5以下がベスト。

6から6.4が糖尿病予備軍と言われている」と、何度も聞いたことがある説明があった。

プレゼンテーションが終わり、最後は質問の時間。

ひとつ質問をした。

「ガンの早期発見はどこの病院に行き、どんな検査を受ければいいでしょうか」

回答は「味の素が開発したAICSという検査を受ければ、ほとんどの臓器の検査は

できます。この近くでは湘南鎌倉病院でやっています」

返事を聞いて、湘南鎌倉病院に行ってみようと思った。

この日の講師の葉山ハートセンターだけでなく、地元の市民向けに各種医療講演を

やっている病院は最近珍しくない。

ときどき近くの病院のホームページものぞいてみよう。

« それで思い出した | トップページ | 娘の帰省 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« それで思い出した | トップページ | 娘の帰省 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト