« 訃報 | トップページ | 好天に誘われて »

2018年2月25日 (日)

フォーラムと意見交換会

先週日曜日、よこすか都市景観協議会という組織の主催するフォーラムに初めて参加した。

会場に置かれていた「よこすか景観ニュース」をもらった。

年1回発行されていて、今年のニュースが18号。

ということは、18年間の長きにわたり活動を続けている団体。

活動母体は建築・設計業協会、宅地・建物業協会など。

横須賀は首都圏の端っこではあるが、周りは海と山に囲まれ、景観ということでは

恵まれている。

この日の講演、発表、パネルディスカションのテーマは「谷戸(やと)」

谷戸という言葉を聞き、すぐ連想できる人は少ないのでは。

ただ、横須賀では、その地形から谷戸は、比較的ポピュラーな言葉。

ネットでみると「谷戸とは、丘陵大地の雨水や湧水等の浸食による開析谷を指し、

三方(両側、後背)に丘陵台地部、樹林地を抱え、 湿地、湧水、水路、水田等の農耕地、

ため池などを構成要素で形成される地形のこと」

横須賀で話題になる谷戸のイメージは、急な細い山道、不便、古い家屋、空き家・・・

講演では「谷戸ではじめた新しい生活・景観をいかした空き家の有効活用」と題し、

建設業を営む建築士協会の会員の方が多くのスライドを使い、実体験をもとに話された。

そのあと横浜市立大学の2名の女子学生が谷戸のまちあるきの実体験と谷戸を活用する

アイディアを披露。

パネルディスカションでは歴史景観研究代表がコーディネーとし、谷戸出身者、谷戸歩きに

参加した大学生、景観協議会代表幹事の3人で興味深い議論が行われた。

40年住む横須賀、言葉でしか知らなかった谷戸が身近なものに感じられるようになった。

谷戸の地図をもらったので、暖かくなったら海や山を眺めながら、ぜひ谷戸歩きをしようと

思った。

昨日土曜日は、やはり市内で開催された意見交換会に参加した。  

こちらは懇意な横須賀市議会議員の小林さんから案内をもらい参加。  

昨日の意見交換会を主催した小林さんは大変信頼できる議員でずっと応援している。  

意見交換会のテーマは、 

「どうする?議員定数&議員報酬」 ~横須賀市議とのトーク・ディスカッション~

届いた意見交換会の案内には「横須賀市議会議員は何人いればいいのか?」

「どのくらいの報酬が適当なのか?」、それは本来、もっと市民の声を聴いて決める

ことじゃないでしょうか?

基調講演とナビゲーターは海外や全国の議会制度を幅広く研究してきた神奈川県議で

ソーシャルワーカーの菅原さん。

参加議員は小林さんプラス2議員。

市議定数問題は3年前から活動している横須賀市民オンブズマンでも何度も議論した

テーマ。

現在、横須賀市の人口は40万人を割り、ずっと逓減状態にあり、数年前には出が入りを

日本一超えたことで話題になった。

議員定数は41名、議員報酬は月646.000円。

冒頭、横須賀市議会議員の定数と報酬ランキングが全国の同規模市、中核市(人口40万

以上)および県内他市との比較が一覧表で紹介された。

定数、報酬にとどまらず、参加者から議員3人に対し、さまざまな意見が出た。

ボクは2つ意見を述べた。

 ・民間では、今や報酬は成果を評価して決めるのが当たり前。

  議員報酬もメリハリをつけて、やっている活動(議会質問回数等)にポイントをつけて

  評価する成果主義を取り入れるべきでは。

 ・議会を傍聴し、議員と市長を中心とする市当局のやりとりにイライラを感じることが

  少なくない。

  市と議会の二元代表制のキモは何であるかを3議員それぞれに聞きたい。

満足する回答はなかったが、どこかでこんな意見を言う市民がいたと話題にしてくれる

ことがあれば、うれしい。

« 訃報 | トップページ | 好天に誘われて »

コメント

>イライラを感じることが少なくない。
⇒ 例えば、どんなイライラでしょうか?

>評価する成果主義を取り入れるべきでは。
⇒ 選挙という形で成果が4年に1回、問われているのでは?

イライラの多くは、議論がかみ合っていないとき、
あるいははぐらかすような答弁をするとき感じます。
二元代表制ですから、市当局と議会に緊張関係が必要である
だけでなく、両者が切磋琢磨しながらより良い市政運営をして
いくことが常に求められます。

選挙に通っただけではなく、当選したあと、いかに市のため、
市民のために尽す活動をするかが問われます。

例えば、昨日も参加者が指摘していましたが、10年間議員を
やっていても一度も議会定例会で質問をしたことがない議員がいる。
これは私も何度も聞いたことがあります。

選挙の折に自らの思いや考えを市民に述べ選ばれた以上
自らのやっていること、やる上で障害になり改めることが必要な
ことを議会の定例会で述べ、市長他に問いただし、改める方向で
進めていくことは、議員に最も求められる資質であります。

もしも地元の議会を傍聴されたご経験がなければ、実情を知る上で
一度傍聴されることをお勧めします。
いま地方議会はどこも3月定例議会をやっていることと思います。
議会事務局のホームページを開けば予定を見ることができます。

>あるいははぐらかすような答弁をするとき感じます。
⇒ 党利党略があるのかもしれませんね。あるいは、なんでもかんでも文句をつけることにより、自分が目立つようにしているのかも。国政でもよくあることですね。

>議員に最も求められる資質であります。
⇒ その通りですね。市政や市長の発言を常に認めているのか・・・。議会で質疑などはやっているのでは? 普段の活動(市民への報告、陳情処理)などはどうしているのか。
ま、意見のない議員を選挙で落とすことはできないものか・・・?

>一度傍聴されることをお勧めします。
⇒ 逗子議会を傍聴してみますかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 訃報 | トップページ | 好天に誘われて »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト