« 娘の帰省 | トップページ | サラリーマン川柳 »

2018年2月15日 (木)

認知機能検査

5月に免許証の更新が必要。

その前に75歳になる者は認知機能検査が義務付けられていることを知った。

昨日市内の自動車学校に行き、検査を受けた。

朝9時スタート。その前に受付け。

ボクの前に受付けた人の中に、ヤバイ人がいて、びっくり。

風貌だけでなく、動作、受け答えを見聞きしていて、

「おいおい、これで免許更新してまた3年乗るの。これじゃあ、運転ヤバイよ。こういう

手合いが高齢者事故起こすんだ」と思った。

受付けのあと、この日検査を受ける15人が教室へ。

教室では、もうひとり同じような感じの人がいた。

それぞれ事情はあるのだろうが、免許返納した方がいいのでは。

検査が終わった、このふたりは事務官から呼ばれ、別室へ。

冒頭の説明で、免許証更新の前に認知機能検査を受ける人は神奈川県で年間60万人、

うち30%の人が認知機能低下と判定されるとのこと。

検査は30分。

検査に先立ち以下説明があった。

  ・記憶力・判断力が低下してないかどうかをチェックする検査

  ・検査結果のいかんにかかわらず、後日案内が送られてくる高齢者講習を受講すること

   (免許証更新手続き前に)

  ・ 記憶力・判断力が低くなっていると判定された場合(今回の検査で50点以下)、

   主治医等の診断書提出(認知症と診断された場合は免許が取り消され、または停止

   される)

  ・今回検査で記憶力・判断力が低くなっていると判定されても、免許が取り消される

   ことはない

検査は3題あった。

  ①今日の年・月・日・曜日・今の時刻が正しく回答されているかどうか

  ②見せられ、記憶した4グループ16種類のイラストの名前が正しく回答されているか

    どうか

  ③指定された時間が時計に正しく描かれているかどうか 

もちろん②が難しかった。

②のひとつ目の問いは、16個思い出せるだけ書け。

ふたつ目は4グループ毎に思い出せるだけ書け。

16のうち思い出せたのは半分くらい。

出題が字ではなく、イラストだったので、よけい難しかった。

似たようなテストは孫たちが来たとき、面白がってよくやってくれていた。

部屋にあるものを5つくらい集めてきて「覚えて」と言い、1時間くらい経ったあと 

「さあ、言ってください」

この投稿を書いていたとき届いた夕刊が極めてタイムリーに以下の記事を1面

トップで紹介している。

  「75歳以上運転の死亡事故、認知症・機能低下49%」

     昨年1年間に交通死亡事故を起こした75歳以上のドライバーの2人に1人が

     認知症や認知機能低下の恐れがあると判定されていたことが警察庁のまとめで

     わかった。警察庁は運転免許証の自主返納を促すなどの対策を進める。

« 娘の帰省 | トップページ | サラリーマン川柳 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 娘の帰省 | トップページ | サラリーマン川柳 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト