« 長いお付き合いだった | トップページ | 里山歩きツアー参加 »

2017年11月 9日 (木)

久しぶりのマージャン

かつて大学の寮の仲間だったひとり、シカゴに住むTくんから日曜日に電話がかかってきた。 

「いま日本に来てる。マージャンして、そのあと飲み会したいけど、今週いつ空いてる?」 

「水曜日がベスト」と返事したら、「わかった、メーリングリストに書いてあとふたり集める」 

ということで、昨日10時半、新橋駅前の機関車の前に4人が集まり、駅前の雀荘で卓を 

囲んだ。 

1962年入学、4月に入った寮で初めて会った仲間たちなので、知り合って55年、半世紀 

以上の仲。 

Tくんはアメリカ在住なので参加が難しいが、他の仲間は年4回、有楽町にある大学の 

クラブに集まり懇親している。みな気心の知れた仲間たち。 

全員、マージャンは寮に入ると同時に覚えた。みな半世紀の雀歴。 

ではあるものの、定年退職後、皆やる機会はほとんどなくなった。 

でも、かつてさんざんやっていたため、「みつごの魂100までも」、75歳近くになっても、

みな腕は落ちていない。 

集中力、判断力、注意力、4人とも、まったく問題ない。 

10時半にはじめて、これが最後と言い、終わったのは5時半。 

7時間、ハイテンションをキープしながらやっていたことになる。 

もうちょっとやりたかったが、ひとりの仲間の1年先輩のNさんが、6時に小唄の稽古が 

あるので行かなければと言い、やめた。 

Nさんの小唄歴は長い。

何年か前、日本橋三越でやったお披露目会を観に行ったこともある。 

4人の力量には差はなく、勝負事なので波に乗れるかどうか。 

結局、ボクは3千円くらいプラスで場代と食事代払ってトントン。 

久しぶりにやったマージャン。思いきり楽しんだ。 

平素使ってない脳を精一杯使うこと、それにテンションを張り続けることがほとんどない  

毎日には、マージャンは俗に言う脳トレにぴったり。  

年4回やっている懇親会が終わったあと、最近は囲碁をすることが多いが、マージャンは  

悪くない、とあらためて思った。

« 長いお付き合いだった | トップページ | 里山歩きツアー参加 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長いお付き合いだった | トップページ | 里山歩きツアー参加 »