« 法事で帰省&兄弟妹で旅行 ① | トップページ | 兄弟妹で旅行 ③ »

2017年5月 2日 (火)

兄弟妹で旅行 ②

弟・妹との2泊3日の旅は、1週間前の火曜日、西宮の妹宅からはじまった。 

通るルート、観る場所、食べる店などは妹が入念に調べてくれて、全行程、彼女のガイドに

従い旅した。 

①で書き忘れたが、3人の年齢は長男のボクが74歳、弟72歳、妹70歳、3人とも70歳の

大台に乗った。

25日の朝、倉敷から来た弟を神戸三ノ宮駅で出迎え3人で三ノ宮駅近くのレンタカー屋へ。 

アクアを借りて、妹の運転で一路高野山。 

2時間くらいで高野山着。 

高野山のすぐ近くの粉河寺にお参り。立派なお寺だった。 

Cimg8847
粉河寺のあとは高野山へ。 

中門から入り、 

Cimg8852
金堂へ。 

Cimg8853
金剛峯寺へ行く途中、気温が低いためか、ちょうど桜が見ごろ。

Cimg8854
金剛峯寺。 

Cimg8855

 金剛峯寺から歩いて15分くらいのところに徳川家康の墓所があると聞き寄った。 

Cimg8856

Cimg8858
となりには第二代将軍秀忠の墓があった。 

家康・秀忠、墓は同形であったが、家康の墓には鳥居があり秀忠にはないことに気付いた。 

外国の観光客数人いるだけで他にお客がいなかったため、チケットを販売する方が詳しく

教えてくださった。 

分骨されているのかと思ったが、納骨されているのは日光東照宮で、高野山の墓に入って

いるのは位牌とのこと。

また家康は別格で、神格の扱いであるため鳥居があるなど、色々教えていただいた。 

東大寺のあと、初日宿泊する宿、奈良県吉野郡の天川村温泉郷へ。 

途中、山深い曲がりくねった細い道を長い間走った。 

チェックイン予定時間に遅れたため、ケータイで宿に電話するが、電波が通ってないようで

通じず。 

6時すぎ、やっと温泉宿 紀の国屋甚八にたどり着いた。 

この日の宿泊客は我々だけ。 

Cimg8860
紀の国屋甚八は、創業300年、江戸時代からつづく和風宿。 

霊山・大峯山のふもとの行者宿として栄えてきた旅館。 

外観はいくぶん古びて見えるものの、温泉街のほぼ中心に位置しており、到着が遅れた

にもかかわらず、七代目オーナーはあたたかく迎えてくださった。 

ここでも、庭には桜がきれいに咲いていた。

Cimg8864_4
夕食は山の幸、川の幸をふんだんに使ったお膳。 

Cimg8863
食事のあと、温泉に入り、兄弟・妹3人で、夜更けまでいろいろ話した。

« 法事で帰省&兄弟妹で旅行 ① | トップページ | 兄弟妹で旅行 ③ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 法事で帰省&兄弟妹で旅行 ① | トップページ | 兄弟妹で旅行 ③ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト