« あれから6年 | トップページ | 1万メートル プロムナード・ウオーク »

2017年3月16日 (木)

三回忌

日曜日、一昨年亡くなられた会社の4年先輩のNさんの三回忌に出席した。

先月、奥様から案内状をいただき、即「出席させていただきます」と返事。

新宿に菩提寺があり、そちらで法要と会食が行われた。

案内では、地下鉄の東新宿駅から徒歩6分と書かれていた。

「えっ、新宿にあるお寺」と思いながら出かけた。

東新宿駅は初めて降りる駅。先ず、降りた改札口から道路に出る行き方に戸惑った。

スマフォで地図は検索したものの所在がはっきりわからず、たまたま配達中のクロネコヤマトの

ドライバーの方がいて、聞いて行き方はわかった。

ビルにはさまれた場所にある歴史と由緒のあるお寺さん。

Nさんとのお付き合いは長い。

数年前、ほかの会社の同僚とともに横須賀に訪ねてきて下さって、3人で会食し、それぞれの

近況、やりたいことなど大いに話が盛り上がった。

1974年から3年間、我が家がシドニーに駐在したとき、Nさんは半年間長期出張で来られ

我が家にも何度も来ていただいた。

一昨年末、奥様から喪中のお葉書をいただき、すぐご自宅にお悔やみにお伺いした。

奥様のお話では、直腸ガンが見つかったあと転移が早く、一昨年3月に亡くなられた。

ご長男が癌センターに勤務する医師で、出来る限りの手は尽くしたものの、無念な結果に

終わったとのことだった。

Nさんは何事にも熱中する方で、英語は大変好きで堪能、それ以外にも多趣味な方だった。

60歳過ぎてはじめた囲碁の腕前が急速に上達し、最後は4段、あちこちの大会で優勝

されたそうだ。

奥さんのお話だと「東京オリンピックでフランス語の通訳をすることが夢だった」とのこと。

40数年前のシドニーに半年滞在中も束の間の単身生活を嬉々として楽しんでおられた。

当時、一緒に撮った写真が一枚古いアルバムに残っていて、プリントして奥さんにお渡しした。

1975年、40数年前。全員若い。

我々夫婦にはさまれたNさん36歳、ボク32歳、カミサン28歳。

Nakajimasan

法要が終わったあと、お寺の部屋で40名くらいで会食。

ご家族、親戚、Nさんの出身地の長崎から参加された方々、それに同じ会社だった人たち。

Nさんのとてもすばらしい遺影の前でみんなで2時間くらい盛り上がり、Nさんもきっと喜んだ

ことだろう。

« あれから6年 | トップページ | 1万メートル プロムナード・ウオーク »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あれから6年 | トップページ | 1万メートル プロムナード・ウオーク »