« セミナー「2017年の米国経済、株式市場の見通し」 | トップページ | のりフェスタ »

2017年2月22日 (水)

米海軍横須賀基地内ブリッジプログラム

横須賀市の広報紙で基地内にある「メリーランド大学アジア校」の説明会の開催を知り、

先週金曜日参加した。

参加者40名くらい、ほとんどが20~30歳台の人たちで、7割方が女性。

当プログラムは、横須賀市と米国メリーランド州のメリーランド大学カレッジアジア校が

2014年に結んだ合意書に基づき、横須賀基地内で行われる同大学の英語学習プログラムで、

市民が受講できるようになっている。名称はUMUCブリッジプログラム。

同様のプログラムは、沖縄や横田の米軍基地の町でもメリーランド大学アジア校が行って

いるとのこと。

当日の説明会の内容は、

 ・UMUC、ブリッジプログラムについて

 ・募集事項について

 ・ブリッジプログラム受講者による体験談

 ・質疑応答

大学の事務担当から20分くらい説明があり、最後に質疑応答。

さまざまな質問が出た。

口火を切って、ボクは「受講者の年齢の上限は?70歳以上でも大丈夫ですか?」と聞いた。

問題なしとの返事。

他の参加者から応募条件の中、英語資格について質問がいくつか出た。

TOEFLの必要得点、英検は2級以上、TOICは選考対象外。

以前のブログに書いたが、ボクはこれまで英検は1級、準1級を2度落ちていて、今年6月

準1級を再チャレンジすることにしていて、勉強をはじめたところ。

英検について参加者から質問が出た。

「2次試験の試験日が7月2日なので、UMUC応募申込み期限の7月3日の段階では

結果が出ていませんが、どうしたらいいでしょう?」

それに対して答えは「過去にも同じ例がありました。1次試験を受かっていれば応募して

ください」とのこと。

となると、ボクは考えていた英検準1級はやめて、今回は2級を受験して、何とか合格して

UMUCに応募申込みをしよう。

娘が準1級の対策テキストを送ってきてくれていて勉強をはじめたが、準1級は2級のあとに

受けることにする。

準1級のテキストを読んでいるが、かなりタフで、より安全な2級に合格して、ディベートや

グループ討議中心の魅力あるUMUCにチャレンジしたいと思うに至った。

4月にはUMUCの授業見学があるようなので見学に行くこと、それに英検2級の対策本を

買ってきて準備しよう。 

« セミナー「2017年の米国経済、株式市場の見通し」 | トップページ | のりフェスタ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« セミナー「2017年の米国経済、株式市場の見通し」 | トップページ | のりフェスタ »