« 阪神・淡路大震災 (続) | トップページ | 神奈川県犯罪被害者支援委員会(3) »

2017年1月21日 (土)

三島ぶらりひとり旅

1年前、静岡県三島市の富士山が望める場所に、日本最長の大吊橋ができたと聞き、

以前から行ってみたいと思っていた。

いくぶん曇り模様ではあったが、一昨日行ってきた。

三島駅から箱根湯本行のバスに乗り25分、三島大吊橋で下車。

大吊橋の通称は三島スカイウオーク。歩行者専用としては日本最長の吊り橋。

正面には富士山。

左遠方に広がる駿河湾は、残念ながら霞んでいた。

Img_0148
全長400メートルの歩道橋を支えているのは、2つの橋脚。Img_0135
大吊橋を観たあと、バスで三島駅に戻る途中、新年なので、三嶋大社で下車し参拝。

Img_0156
三嶋大社から駅までぶらぶら歩く。

三島は落ち着いた感じの大好きな街なので、何度も来たことがあり、土地勘はある。

特に、富士山の湧水が流れる疎水路が町中にあり、とても風情がある。

三嶋大社から駅までの疎水路が特に好き。

Img_0158
小川にはいつもカモが泳いでいる。

スマフォが不慣れのため、右上隅に指が写っているのはご愛嬌。

Img_0167
途中、瓢箪をつくっているお宅があり、年配の女性が門のところにいて、瓢箪つくりの話を

色々教えてくださった。

Img_0163
「もしご興味があれば」と言われ、上の小さい千成り瓢箪の種をたくさんいただき、植え方、

受粉の仕方を教えてくださった。

千成り瓢箪の小さいものは1年、ひと回り大きいのは2年、下の大きな瓢箪は20年とのこと。

4月に植えればいいと教わり、ぜひ時期がきたら植えよう。楽しみ。

川沿いには、著名人の書いた文学碑がいくつも建てられている。

Img_0157
いずれも三島の魅力を書いたもの。

Img_0166

Img_0168
ついでにと思い、熱海で、今がちょうど時期の熱海桜を観てきた。まさに満開。

Atami_zakura

« 阪神・淡路大震災 (続) | トップページ | 神奈川県犯罪被害者支援委員会(3) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 阪神・淡路大震災 (続) | トップページ | 神奈川県犯罪被害者支援委員会(3) »