« 沖縄の娘宅へ ⑤ | トップページ | 忘年会 »

2016年12月 3日 (土)

犯罪被害者支援委員会

犯罪被害者支援を担当している神奈川県安全防災局から、犯罪被害者支援施策検討委員会の 

委員を依頼され、委員会に出席したことは何度かブログに書いた。 

昨日、今年最後の委員会があり出席した。 

委員会では、神奈川県が進める支援推進計画の進捗状況の検証を行っている。 

平成26年度、27年度の実施結果のレビュー及び今年度の実施状況の確認が昨日の 

テーマであった。 

あらかじめ、事務局から6人の委員に意見を求める質問が送られてきて、各委員が意見を 

述べた。 

ボクは以下2つについて意見と要望を述べた。 

 1.県と市町村の連携について、より具体的な手立てが必要。 

   これについては、これまで何度もその重要性を委員会で述べてきた。 

   前置きとして、あらためて以下述べ、来年1月に予定されている最終委員会では、県と 

   市町村の連携の具体的対応策をまとめ、3年間の成果としたいと要望した。 

   『神奈川県は全国的にみて、犯罪被害者支援は進んでいて、トップレベルの先進県である。 

   ただ、悪質犯罪、性犯罪、交通事犯等に遭った被害者が先ず飛び込むのは、地元の警察

   であり、相談するのは、地元の市役所ほか行政機関である。 

   県内の市町は県の組織・対応に比べれば、その多くが遅れている。 

   今後の県と市町の連携を最重要課題に取り上げ、先々の展開に結びつく具体的方策を

   次回の最終委員会でまとめ上げたい』 

 2.犯罪被害者を支援していくためには、各自治体が条例を制定し、行政の仕組みの 

   一環として、被害者支援に取り組むべきである。 

   ただ、まだまだ全国で条例を制定している地方自治体は少ないのが実情である。 

   そのような中、兵庫県明石市の条例はその模範になるものと考える。 

       明石市がA3用紙にまとめた資料を全員に配布し説明した。

   明石市の条例を参考に、条例制定に動きだす自治体が出てくることを願う。

« 沖縄の娘宅へ ⑤ | トップページ | 忘年会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 沖縄の娘宅へ ⑤ | トップページ | 忘年会 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト