« 沖縄の娘宅へ(Last) ⑦ | トップページ | 忘年会 その2 »

2016年12月18日 (日)

犯罪被害者支援弁護士フォーラム

当フォーラムを主宰され、懇意にさせていただいている弁護士 高橋正人先生からご案内を

いただき、昨日、シンポジウム「国民が求める刑罰制度について」に参加した。 

フォーラムのサイトには「私たちは、犯罪被害者の権利を守る弁護士の集まりです」 

と書かれている。 

当シンポジウムは3年前に第1回目が開かれ、今回が3回目。 

毎回参加している。 

第1回のテーマは「被害者が参加して刑事裁判はどう変わったか」  

昨年の第2回目のテーマは「裁判員裁判の問題」 

今回3回目のテーマは「国民が求める刑罰制度について」 

今回シンポジウムは冒頭、金田法務大臣が出席し、祝辞を述べた。 

シンポジウムは3部構成。 

基調講演からはじまり、パネルディスカッション第1部、第2部。 

基調講演では、おふたりの被害者ご遺族が自らの凄惨な体験を語られた。 

おひとりは、9年前、当時会社員だった娘さんに手錠をかけ、拉致した犯人に殺害された

お嬢さんのお母さん。 

3人の犯人はお嬢さんを殺害したあと山中に埋め逃走。うち1名の犯人は既に死刑が執行された。 

もうおひとりは、5年前、やはり当時会社員だった娘さんが強姦され、遺体をバラバラに 

された上、ゴミとして捨てられたお嬢さんのお父さん。 

犯人は会社の元・同僚。死刑判決が確定。 

母親、父親の立場で、それぞれお嬢さんが惨殺極まりない事件に遭ったご経験を語られた。 

お話しを聴いていて、何度も涙した。 

おふたりは、のちに行われたパネルディスカッションにも参加され、意見を述べられた。 

パネルディスカッション第1部のテーマは「国民が求める刑罰制度について」 

第1部では、悪質運転のトラックに衝突され、30歳の息子さんを亡くされたお母さん、それに 

通っていたスポーツジムの経営者に襲われ、強姦未遂事件に遭った女性が、姿が見えないよう

ついたてに囲まれたパーティションの中から匿名で参加された。

パネルディスカッション第2部のテーマは「死刑制度について」

2つのパネルディスカッションのコーディネーターはどちらも高橋正人弁護士。

第1部のパネリストで参加した弁護士は2名、第2部は、死刑制度について徹底議論するため、

5人の弁護士が参加した。

第2部の議論のきっかけ作りは、10月7日に福井で行われた日本弁護士連合会(日弁連)

フォーラムで議決された「死刑制度廃止」の是非について。

日弁連が唐突に当議決を発表して以来、この問題はメディアが取り上げ、喧々諤々の日本を

二分するような大きな議論になっている。

80%の国民が死刑制度の存置を望む中、出された日弁連の「死刑制度廃止」議決は唐突の

極みである。

パネリストの中、ひとりは日弁連所属の弁護士が参加していて、パネルの冒頭コーディネーターの

高橋弁護士から「サンドバッグになること覚悟してください」と言われた通り、集中砲火をあびた。

他の4人の弁護士は、第一東京弁護士会など日弁連に所属しない弁護士の皆さん。

日弁連が「死刑制度廃止」の議決を発表したことは、ボクは翌日の朝日新聞で知り、とんでもないと

ひとりで怒った。

昨日のシンポジウムで、日弁連の発表の背景を知り、ますます怒りは増した。

以下のような背景から、日弁連フォーラムでは決議は採択されたとのこと(メモした数字にいくぶん

誤りがあるかも)

福井で行われた日弁連フォーラムに参加した弁護士は786名。

うち546名が、2020年に死刑を廃止する動議に賛成したとのこと。

弁護士の総数3万7千人のたったわずか1.4%の同意のもと、日弁連はその廃止表明を

行ったことになる。

到底許せない日弁連の暴挙である。

このことをもとに、第2部のパネルディスカッションでは死刑制度の廃止の是非が議論され、

第1部で参加された殺人事件ご遺族はもちろんのこと、会場の参加者からもさまざまな

意見が出た。

集約すると、「被害者の人権を守る」を第一義に考えた社会システムであることが最も重要である

ということに尽きる。

12時半から5時まで、大変充実した時間を過ごさせていただいたことに感謝しつつ、会場を

後にした。

« 沖縄の娘宅へ(Last) ⑦ | トップページ | 忘年会 その2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 沖縄の娘宅へ(Last) ⑦ | トップページ | 忘年会 その2 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト