« シンガポール ② | トップページ | 脳の諸々検査の結果 »

2016年10月17日 (月)

マレーシア ① (マラッカ)

シンガポールに3泊したあと、マレーシアのマラッカに移動した。 

前日、両替屋に行き、マレーシア リンギットに換金した。 

ガイドブックでは、2年前1リンギット32円と書いてあったが、換金レートは25円。 

得した気分になった。 

最初、マラッカまではバスで移動することを考えていた。 

前々日のジョホールバル観光ツァーで、シンガポール国境越えは経験したので、バスで行き

国境を超え、マレーシアに入国することはもちろん出来る。 

だが、カミサンがバスで行くことは自信がないと言い出し、ホテルのコンシェルジュに相談したら、

リーゾナブルな値段でタクシーで行けることがわかり、タクシーで行くことにした。 

結果的には正解だった。 

タクシーには9時にホテルに来てもらった。 

ドライバーのチャンさんは朝マレーシアの自宅から来てくれた。 

家はマラッカの近くで、高速道路を通っていたとき、「我が家はこの左」と教えてくれた。 

途中、チャンさんの家族の話、仕事のこと、奥さんが会社のバスで毎日シンガポールまで 

働きに来ていること、マレーシアの首相はマハティールは良かったが現職のナジブになって 

物価は上がるなど不評、政治の話や暮らしぶりなど、いろいろ話してくれた。 

道路の脇にココナツやゴムの樹が植えられている高速道路を通り2時間半位でマラッカに着いた。 

ホテルに送ってもらい、ホテルの近くの食堂でチャンさんも一緒にお昼を食べた。 

Cimg1559

2泊したホテルの窓から見たマラッカの街。 

写真左方向がマラッカの中心街。奥に見えるのはマラッカ海峡。 

Cimg1560_2
チェックインしたあと先ずやらなければならなかったことは、この先マレーシア内で移動する

航空券の購入。 

ホテルではやれそうにないので、コンシェルジュンに旅行代理店が近くにあるかどうか尋ね、 

すぐ近くにあるとのことで、早速訪ねた。 

予約が必要なフライトは、クアラルンプールからボルネオ島のコタキナバル、コタキナバルから

クチン、クチンからクアラルンプールの3便。

シンガポールで換金した手持ちのリンギットでは足らず、クレジットカードで払うと手数料が

2%かかるとのことで、旅行代理店の近くにある換金所を聞き、円からリンギに換金し

全フライトを予約した。フライトはすべて格安航空会社LCCのエアアジア。

そのあとマラッカ セントラルに向かって歩いた。

向かったのはマラッカのランドマーク的建物のオランダ広場にあるセントポール教会。

ホテルからは20分くらいだったが、途中場所がわからなくなり、店主が店先で作業していた

ガラス屋さんで道を聞いた。店にいた11歳の息子が案内してくれることになった。

おー、これだ、ガイドブックに写真が出ていたのは。

Cimg1565
案内してくれた子はChong Nick

「ブログやってる?」と聞いてきたので「やってるよ」と答えたら、「写真撮って送りたいので

名前教えて」ということでNickと一緒に撮ったのが下の写真。Nickは姉孫と同じ歳。

14516410_194178894351915_1522451299
Nickは早速フェイスブックで写真を送ってきてくれた。

「マラッカで若い友だちができてうれしい」と返事した。

昨日、無事日本に帰ってきた、とフェイスブックでメッセージを送った。

Nickと別れ、教会の近くをブラブラ。

近くにはチャイナタウンもあった。

Cimg1567
近くに川が流れ、川沿いの家々とうまくマッチしていた。

Cimg1570
えっ、マラッカって街全体がユネスコの世界遺産に認定されているんだ、知らなかった。

Cimg1569
マラッカには2泊したので時間的に余裕があり、中心街以外に観るところがないかと

ホテルのコンシェルジュに聞いたら「戦争で亡くなった日本人の墓地がある」と教えられた。

ホテルの近くで客待ちしていたタクシーに日本人墓地に連れて行ってもらった。

車で20分くらいのところに墓地はあった。

塀に囲まれていて中には入れなかったので、外から手を合わせた。Cimg1577_2

Cimg1583
マラッカの次の行き先、ボルネオ島のコタキナバルまでは、マラッカでバスに乗って

クアラルンプールまで行き、クアラルンプールから飛行機でコタキナバルに行く予定にしていた。

マラッカからコタキナバルへ直接行くフライトがないので、これしかないと思っていた。

ただ、荷物を持ってバス停まで移動し、長距離バスでクアラルンプールまで行くのは大変だし

バスの遅れでクアラルンプールからコタキナバル行きの予約したフライトに乗れないこともある

と思い、たまたま知り合った日本人墓地まで連れて行ってもらったタクシーの運転手に事情を話し

値引き交渉をし、150kmを160リンギ(4千円)で、翌朝7時半にホテルに来てもらい

クアラルンプールの飛行場まで行くことで交渉が成立した。

« シンガポール ② | トップページ | 脳の諸々検査の結果 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シンガポール ② | トップページ | 脳の諸々検査の結果 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト