« マレーシア ① (マラッカ) | トップページ | 大学の仲間を偲ぶ会 »

2016年10月24日 (月)

脳の諸々検査の結果

「物忘れ外来」のタイトルで、先月、横浜市立大学附属病院の神経内科に 

検査に行ったことはブログに書いた。 

その後、3度通院し、脳血管CT、MRI、脳波の検査を受け、すべての 

結果が出たので、先週金曜日、担当医の診断を受けてきた。 

初診のとき同様、家族同行で来るようにと言われ、カミサンと一緒に行った。 

以下、担当医の所見。 

 ・脳波には問題ない  

・頭部CT異常なし

・頭部MRI、多少、海馬に委縮があるか(数年前にも言われた)  

 ・隠れ脳梗塞の疑いあり  

・脳血流、いくつかの場所での血流低下はあるが認知症のパターンではない 

  ・気になるほどの物忘れがあるのではあれば、初期のアルツハイマーの疑いあり 

  (物忘れの具体例として、人の名前、カタカナの名称、人の顔の記憶・認識、

   数日前の出来事や体験が飛ぶことが時にあり、など話した) 

・パーキンソンのおそれなし 

 ・検査では決め手に欠けるが、基本的に物忘れが主体。 

今後症状が変化して病名が変わる可能性もある  

全体的に著しい所見は認められないとのことでひとまず安心。 

病院を紹介してもらった主治医あてにメモを書いて欲しいと頼んで書いてもらった。 

何に気をつければよいかの問いに対しては「物忘れの進行を抑えるためには 

基本は頭を使うこと」 

今後どのような変化があったら再診を受ければいいかとの問いに対しては、

先ず主治医に相談し指示を仰ぐこと。

70年以上生きておれば、何もないのがおかしいと自ら納得して、診断を
聴いた。 
今回、体系立った検査を受け、専門医に判断してもらって大変良かった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 



 

 

 



 

 

 


		

« マレーシア ① (マラッカ) | トップページ | 大学の仲間を偲ぶ会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マレーシア ① (マラッカ) | トップページ | 大学の仲間を偲ぶ会 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト