« 26年前にいただいたプレゼント | トップページ | 百条委員会 »

2016年9月13日 (火)

法事で岡山へ ①

カミサンの姉の一周忌法要に出席するため、岡山に帰省した。  

親戚がみな予定があったり、体調不良だったりで、参列者は姉の親族ふたりと我々夫婦の

4人だけ。  

久しぶりの帰省だったため、岡山の妹に声をかけ、妹と我々夫婦の3人で、倉敷にある  

両親の墓、近くのカミサンの両親の墓ほか3か所に墓参し、夜3人で食事をした。 

墓参していた途中、大学の寮の仲間より電話があり、1年先輩のUさんが亡くなったとのこと。 

通夜には叶わなかったが、昨日葬儀に参列した。 

さて、倉敷で墓参りした翌日、カミサンの姉の一周忌に出席するため、倉敷の北にある 

井原という町まで行った。 

初めて訪ねるところで、倉敷駅の次の駅から、井原鉄道という3セク運営の2両編成の 

かわいい電車に乗って、井原駅までは30分少々。 

井原駅からタクシーで法事が行われるお寺へ。 

Cimg1387
大きな立派なお寺で、我々以外のふたりはまだ来ていなく、住職さんがお寺の歴史や由緒、

地元の話、それにお寺とカミサンの姉の嫁ぎ先であるY家の関係についていろいろ話して

下さった。 

Y家は100年以上の歴史があるこの地の旧家で、お寺の前に大きな屋敷と敷地があったこと、

鉱山を生業にした地元の事業家であったこと、今でもY家代々の墓がお寺の墓地の多くを

占めていることなど、すべて初めて聞く話ばかりだった。 

Cimg1390
法要は出席者4名で行われ、終わったあと、お寺の斜め前にある、Y家を継いでいる方のお宅で

住職も含め5人で会食。 

このお宅も大きな立派な邸宅。 

Cimg1391
家のご主人が鄭重にもてなししてくださった。 

立派なお膳に加え、ご主人が釣った大きな鮎がふるまわれた。 

Cimg1394

Cimg1393
住職交え、5人で2時間近く歓談。 

地元の話、Y家の歴史と家族の話に加え、都会では到底味わえない田舎生活の魅力など 

平素縁のない話がたくさん聞けた。 

うなぎが近くの川で捕まえられ、鮎が釣れるのも珍しくなく、先日は31匹釣ったとのこと。 

お世話になったお礼を言い、せっかく井原まで来たので、松江まで足をのばしたいと思い、 

倉敷まで戻り、若いころのなじみの伯備線に乗り松江まで行き、2泊した。 

松江の旅は、このあとのブログで。

« 26年前にいただいたプレゼント | トップページ | 百条委員会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 26年前にいただいたプレゼント | トップページ | 百条委員会 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト