« 富士通株主総会2016 | トップページ | 神奈川県犯罪被害者支援委員会(2) »

2016年7月 3日 (日)

うれしい来訪者

明後日は23歳で亡くなった息子の21回目の命日。

沖縄の娘から、兄である息子に南国らしいお供えがクール宅急便で届いた。

マンゴとパッションフルーツ。

Cimg1170
送られてきたお花。

Cimg1163
命日にあわせ、昨日はうれしい来訪者があった。 

同期入社で、たった3ヶ月しか一緒でなかった女性のTちゃんが4歳の女の子のマナミちゃんを 

連れて、大船から訪ねて来てくれた。

車で横須賀駅に迎えに行き、そのままお墓参りをしてもらった。

墓参りのあと我が家で2時間近くワイワイおしゃべり。

マナミちゃんに会うのは2年ぶり。保育園の年中クラス。しっかりしてきて可愛くなった。

うれしいニュースは、彼女が6月の人事異動で鎌倉の支店の支店長代理になったこと。

あえて聞かなかったが、息子に手を合わせたとき、きっとこのうれしいニュースを息子にも

報告してくれたことだろう。

お墓に行ったら、また新しいお花とカンビールが供えてあった。

一昨日夕方墓参りしたときにはなかったので、昨日朝、相模原から大学の仲間だったKくんが

また参ってくれたのではと思った。

昨夜、フェイスブック仲間のKくんにメールを送ったら、やっぱりそうだった。

相模原から横須賀までは2時間半近くかかる。毎回申し訳なくて。

返信メールには、「今日は命日に近いことで、数日前から墓前にお参りを、と思っていました」

友だちに会う約束があったということで、今回もまた我が家には寄ってくれなかった。

あれから21年も経ったのに、このように思い出して、気にかけてくれる人がいることは

我々家族には無上の喜び。

今朝久しぶりに息子の追悼文集を読み直した。

この追悼文集は、突然逝った息子の人となり、生きざま、思い出を何かの形で遺して

やりたいとの家族の勝手な思いで、たくさんの仲間の皆さんにお願いして投稿を寄せて

もらった。

これまた勝手な思いであったが、仲間に集まってもらいやる予定の一周忌にぜひ間に合わせ

みなさんに渡したいとの勝手な希望を多くの人たちが受け入れてくれて、60人を超す方々から

投稿をいただいた。

大学のゼミの先生からはじまり、同期入社の仲間、高校・大学の遊び仲間、お付き合い

していた人、塾の教師仲間・生徒・・・

破天荒な子であったが、たくさんの仲間の中で、まさに青春を目いっぱい謳歌し、突然逝って

しまった。

亡くなる直前の思い出を日記に書いて投稿してくださった方、徹底討論「朝まで生ブチャ

(息子の愛称)」でおもしろおかしい対話を書いてくださった塾の教師の後輩たち・・・

それにオーストラリアの会社の仲間が送ってきてくれた弔意を書いた英文の手紙7通、

それに告別式でいただいた2通の弔辞も掲載した。

多くの親族からの投稿、それにもちろん女房と娘とボクの文章。

子供たちが小学生だったころ女房が作っていた家族新聞「まぼりタイムズ」も入れた。

忘れないようにとの思いで「あの日のこと」のタイトルで、亡くなった日のことを書いたボクの

文章も最後の第13章に入れた。

こうして出来上がった追悼文集は208ページの大作になった。

追悼文集につけるタイトルを何にしようかと、女房・娘・ボク3人で何度も話し、なかなか決まら

なかったが、最終的に「君に会えてよかった」になった。

「君に会えてよかった」には色々な意味が込められている。

我々家族のあの子に対する思いはもちろんのこと、投稿を寄せていただいた皆さんへの

あの子からのメッセージであり、皆さんからあの子へのメッセージでもある。

こうしてたくさんの皆さまの協力で出来上がった追悼文集は、仲間に集まってもらいやった

一周忌の席で皆さんにお渡しできた。

涙が止まらず、思うように挨拶ができなかったことを思い出す。

「うれしい来訪者」から話が飛んで、長くなってしまいました。

« 富士通株主総会2016 | トップページ | 神奈川県犯罪被害者支援委員会(2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 富士通株主総会2016 | トップページ | 神奈川県犯罪被害者支援委員会(2) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト