« サンクスギビング・デー(感謝祭) | トップページ | 講演会参加 »

2015年11月28日 (土)

議員採点表

参加している横須賀市民オンブズマンの活動のひとつとして、市議会議員が定例会本会議で

行う一般質問をメンバーが手分けして傍聴し評点をつけ、いずれはしかるべき場で公表する

ことを決めた。

昨日、今年最後の12月定例会が開催された。

メンバーでメーリングリストでやりとりしながら作った採点表を持参、傍聴し、早速評点をつけた。

昨日は他のメンバーそれぞれ予定があり、傍聴したのはボクひとり。

7人の議員が発言に立ったがボクが傍聴したのは、うち3人。

あとの4人は、メンバーが手分けして、後日議会のホームページにアップされる録画を観て

評点をつけることになる。

昨日発言に立った3人の議員は男性ひとり、女性ふたり。

3人とも先ずは壇上で発言を行い、その後は一問一答形式と呼ばれる方式で、市長と

向かい合い質疑応答を行う。

かつては一括方式と呼ばれ、壇上で発言し、答弁者である市長は壇上で一括して回答し、

回答への追加質問も壇上で行うことが一般的であったが、今回の定例会では質問予定議員

13名全員が一問一答方式で行うことになっている。

一問一答方式では発言議員と市長が向かい合い対峙する形になるので、より双方に

緊迫感が生まれる。

昨日の質問者3人のうち、男性議員の発言は、「横須賀を母港とする米国海軍の原子力

空母の災害対策マニュアルの見直し」

女性議員のうち、ひとりは、「子供の貧困問題」、「空家対策」を取り上げ、もうひとりは

「発達障害の子供たちの支援」、「子供の学力向上」

ふたりとも母親目線で、多くの子育て世代の抱える問題を指摘し、さまざまな提案を示した。

3人の発言者の前の男性議員の話も後半少し聴いた。

最近話題になることが多い性的マイノリティ問題(LGBT)への、市としての取り組みに

ついてであった。

議会傍聴を通して、横須賀で問題になっていることはもちろんのこと、LGBTのような 

社会問題についても知ることが少なくない。

それにしても驚くことは、任期中一度も質問に立たない議員がいることである。

最近辞めた議員ふたりは6期24年間市議を務め、一度も定例本会議で質問に立たなかった

ということを聞き、信じられない。

それぞれ、選挙では公約を掲げ市民に訴えてきたのであろう。

掲げた公約を実現していくためには、必ず障害になっていることがあるはずである。

障害を取り除いていくため、改善していくためには、そのことを訴え、説得していかない限り

道は拓けないはずである。

その行動を怠るような議員は、言うに及ばずである。 

昨日は評点をつけるという役目があったため、これまで以上に注意して発言ならびに

答弁を聴いた。 

1時半から傍聴し、終わったら7時、時間の長さはあまり感じなかった。

« サンクスギビング・デー(感謝祭) | トップページ | 講演会参加 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サンクスギビング・デー(感謝祭) | トップページ | 講演会参加 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト