« 初冬の京都(1) | トップページ | 初冬の京都(3) »

2013年12月17日 (火)

初冬の京都(2)

当り前のことだが、京都には数知れずお寺、神社がある。 

ひとりで数度、数泊し、京都さんぽしたことがあるカミサンが行きたかったが訪ねられ

なかったお寺、神社を中心に回った。 

5泊した間に訪ねたお寺は東寺、東福寺、高台寺、圓徳院、相国寺。 

訪ねた5つのお寺はいずれも期待通りだった。 

新幹線から見える東寺の五重塔、それに薬師如来が安置された国宝本堂はすばらしかった。

Cimg0672
東寺を出て、東福寺に行くため近鉄の駅まで戻る途中、バス停で東福寺に行くバスが 

あることを見つけた。電車の乗り継ぎしないで行けてラッキーだった。 

それに間もなくバスは来るとの案内、さすが京都。

Cimg0682
ちょうどその時、雨上がりの空にきれいな虹が!

Cimg0683
東福寺は臨済宗の禅寺。

京都には臨済宗のお寺が多く、15寺もあることを知った。そのうちのいくつかを今回訪ねた。

Cimg0688

Cimg0691
上は南庭、下は北庭。カミサンに聞いて初めて知った名前だったが、日本を代表する

作庭家の重森三玲が生み出した名庭とのこと。

Cimg0692
東福寺を出たあと、この日お昼はカミサンがガイドブックで見つけた店に行こうとしたが 

見つからず駅に行く途中の店で食べた。年配の京都を知り尽くした店主がいろいろ 

話してくれた。食べたサバ寿司と京うどん、どちらも美味しかった。 

高台寺と圓徳院、それに相国寺は別の日に訪ねた。 

高台寺と圓徳院、いずれも豊臣秀吉の妻、北政所ねねと深い因縁のある寺。 

高台寺は豊臣秀吉没後、その菩提を弔うために北政所が開創した臨済宗派の寺。 

下の開山堂は400年前のものがそのまま残っている。

640px1
高台寺のあと、すぐ近くにある圓徳院に寄った。

北政所ねねは、晩年この地で余生を送り、終焉の地となった。

Cimg0702_2
圓徳院は美しい庭で有名。残念ながら中央のもみじは終りに近かった。

Cimg0703
翌日、臨済宗の大本山、相国寺を訪ねた。

Cimg0715

Cimg0714

相国寺には、金閣寺、銀閣寺ほかに伝わる美術品を一堂に集め、保存・展示した

美術館がある。

ちょうど、円山応挙の作品展示が行われていて、大変興味深く観た。

« 初冬の京都(1) | トップページ | 初冬の京都(3) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初冬の京都(1) | トップページ | 初冬の京都(3) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト