« 夫婦考(2:仲の良い夫婦) | トップページ | ハートバンド全国大会 »

2013年11月28日 (木)

帰省&兄弟妹の旅

先週金曜日、施設でお世話になっているオフクロに会いに、郷里の倉敷に帰省した。

法事も含め、今年5度目の帰省。1年に5度も帰ったのは初めて。

93歳のオフクロは、食べ物を飲み込む力が落ち、誤嚥性肺炎を起こす心配から、

胃に穴をあけて、直接栄養を体内に送る「胃ろう」の施術を8月に受けた。

3か月ぶりに会ったオフクロは、胃ろうが好影響を与えたようで顔つき、表情がとても

良かった。

紅葉を見せたく、妹と一緒に車で倉敷の北にあるお寺2か所に連れて行った。

翌日土曜日、以前から決めていた弟と妹3人で、車で若狭と琵琶湖に2泊旅行した。

朝7時過ぎ、一路若狭を目指し出発。

山陽自動車道から舞鶴若狭自動車道を北上し、舞鶴東インターチェンジで高速を降りた。 

降りたところで、舞鶴引揚記念館の表示を見つけ、どうしても観たく記念館に寄った。 

昭和20年の終戦に伴い、軍人と一般人あわせ660万人の日本人が海外に残された。 

昭和20年から33年まで13年間の長きにわたり、旧ソ連を中心に67万人の引揚者を 

受け入れた舞鶴は「引き揚げのまち」としてその名が全国に知られた。 

記念館では、捕虜となりシベリアに抑留された人たちの凄惨極まりない労苦が克明に 

描かれていた。 

労苦の末、舞鶴に引き揚げてこられた様子、肉親との再会、そしていまだ帰らぬ我が子、

夫を待つ女性の姿がいつしか「岸壁の母・妻」といわれ、歌や映画になり人々の涙を 

さそった。 

Cimg0570
Cimg0574_2
記念館を1時間くらい観たあと、この日の宿の若狭の三方五湖に向かった。 

途中、湖でコイ釣りをしていた男性3人組に出会い、いろいろ話を聞いた。 

3泊4日の釣り大会中とのことで湖の側にテントを張り、寒い中頑張っていた。 

エサは各自秘策。さまざまな素材を混ぜ込んだボール状のエサを楽しそうに作っていた。 

Cimg0581
竿はひとり4本まで。1本10数万円するそうだ。 

2泊して、80cmを釣り上げたとのこと。 

世の中、いろんな趣味を愉しんでいる人がいるんだ。 

海のそばの宿には5時半ころ着いた。 

妹が、口コミがとても良かったからと予約してくれた漁師さんの民宿。 

民宿に泊まるのは40年ぶりくらい。 

食事は最高だった。

自分たちで獲った魚を入れたいけすから毎夕あげてきた魚を調理して出してくれる。 

ヒラメ、カンパチ、アワビ、イカ、タコ・・・いっぱいのった舟盛りがふたつのほか、 

茶碗蒸し、焼き物、揚げ物・・・、頑張ったが3人で食べきれなかった。 

Cimg0583
食事をしながら話も大盛り上がり。 

昔の話、それぞれの家庭の話から、はてはそれぞれの昔の恋話まで、てんこ盛りだった。

 

« 夫婦考(2:仲の良い夫婦) | トップページ | ハートバンド全国大会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夫婦考(2:仲の良い夫婦) | トップページ | ハートバンド全国大会 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト