« 娘たちが帰った | トップページ | 引きこもり若者塾 »

2013年1月10日 (木)

18年ぶりの再会

きっかけはフェイスブックだった。

息子が大変仲のよかった方と、一昨日、18年ぶりに再会した。

ご本人から名前を出していいとの了解をもらっているので実名で。

彼女の名前は貞末奈名子さん。

オーナーであるお父さんを支え、メーカーズシャツ鎌倉の常務を務めている。

そもそもコンタクトをとったきっかけは、新聞とテレビで、鎌倉シャツが10月に

ニューヨークに出店したことを知り、奈名子さんはきっとフェイスブックをやって

いるのではと思い、検索し彼女を見つけ、メールを送ったのが先月。

年が明けたら会いましょうということで、一昨日カミサンと一緒に丸ビルの中の

レストランでお会いした。

彼女がお勧めのお店ということで予約してくれたのは、丸ビル36階にあるフレンチ

レストラン「ブリーズオブトーキョー」

約束の12時に行ったら、彼女は既に席で待っていてくれた。

3人とも思わず「うわー!」と。

奈名子さんは、すばらしい雰囲気を醸し出す才気あふれるビジネスレディーに。

とにかくメーカーズシャツ鎌倉のことが聞きたかった。

20年前に鎌倉でご両親がはじめられたビジネス。途中いろいろ波乱万丈な

ことも経験しながら成長してきた過程、それにお父さんの夢であった

ニューヨークに昨年10月出店するに至った話を、食事しながらいっぱい聞いた。

ニューヨーク出店からまだ2ヶ月少々であるが、色々なメディアが取り上げて

くれたことで、知名度、ネームバリューがぐっと上がったとのこと。

現在、ニューヨークを入れて24店舗

いずれも、おしゃれなすばらしい場所ばかり。

最近では鎌倉シャツにテナントになって欲しいとショッピンセンターから
要請が

あるそうだ。

『ここまで成長し、成功にいたった要因を3つ挙げるとすれば、何だろう?』

とのボクの質問に対し、『心を込めた製品を、お求め安いお値段でご提供

してきたこと、それに、出会いやチャンスに恵まれた”運”でしょうか』

『テレビや新聞、マスメディアがたびたび取り上げてくれるのは?』の質問には

『この厳しいご時世、メディアは明るい心温まるテーマを探していて、うちに目を

向けてくださったようです。そのような中、小さな会社がニューヨークに飛び込んで

行ったことは、メディアとしても魅力を感じてくださったのではないでしょうか』

彼女の次の予定ぎりぎりまで、2時間話し込んだ。

『丸ビルのお店見て行ってください』と案内されて見せてもらった。

Tenpo 

お互いに『これを機にまたぜひ会いましょう』と言い別れた。

今日、奈名子さんからメールが届き『先日お会いしたとき持って行くのを忘れたのですが

去年9月、女性雑誌”STORY”で紹介されましたので、よかったらご覧ください』

すばらしい記事で紹介されていた。ブログにアップしようとしたが、データが大きすぎて

ダメだった。

今月30日(水)朝9時15分から、テレビ朝日のニュース番組「モーニングバード」で

10分間くらいメーカーズシャツ鎌倉が取り上げられるとのこと。

ご興味のある方はご覧ください。

« 娘たちが帰った | トップページ | 引きこもり若者塾 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 娘たちが帰った | トップページ | 引きこもり若者塾 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト